映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-10-29 ハリポタ新BGM

gakus2005-10-29

 来月公開される「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」のサントラ盤には、元パルプのジャーヴィス・コッカーが3曲を提供しているらしい(噂されていたフランツ・フェルディナンドの楽曲提供は噂で終わってしまった模様)。恥ずかしながら、このシリーズは一本を観ておらず、過去にいわゆる歌モノのナンバーが使われていたかどうかは知らないが、今回は映画に実際に使われているのだろうか。未確認情報だが、エンドロールで歌モノのナンバーが流れていたかも…という声も聞こえてきた。が、それがジャーヴィスの曲であるかどうかは謎。

 考えてみると、ジャーヴィスがソロ名義で曲を発表するのは、これが初めてのはず。いったい、どんな音なのか気になる。PULPでも、その後のRELAXED MUSCLEでも先の読めない音を作ってきた人だけに、今回も相当ヒネクレている可能性は大。映画自体、これまで以上にダークな作りらしいし。ジャケはRELAXED MUSCLEの7インチ・シングル『BILLY JACK』。この曲に限れば、けっこうかっこいいと思う。それとはもかくソロでやってるということは、コッチも解散しちゃったの!?

muramura 2005/10/31 23:49 曲提供どころか、劇中で歌ってましたよ、確か(正直言うと、ジャービスの顔が思い出せない…)。魔法界の人気バンドとしてジャーヴィス以下パルプとレディオヘッドの混成バンドが出演、と言ったら、さすがのgakusさんも観たくなります? 前作のイアン・ブラウンよりも相当目立っているのでは。あと、エンドクレジットの曲もジャービスだったと思います。

gakusgakus 2005/11/01 02:21 ということは出演してる可能性もあるということですね。パルプとレディオヘッドの合体とは贅沢な。ちょっと観てみたいけど、実は両バンドとも嫌いじゃないけど、思い入れはあまり深くないんです。何より、まず前の3本を観ないと…。

Mocker!Mocker! 2005/11/04 21:49 確かにジャービス&レディオヘッドの面々によるバンドが出ていましたが、顔が映るのは1カットのみで後は音だけ。フランツが出る予定だったのはこのシーンでは?ジャービスの曲はパルプ時代のメロウ路線に近く、オーソドックスな雰囲気でしたよ。このシリーズは特に思い入れがないのですが、今回は今での中で一番楽しく見れました。前作はゲーリー・オールドマン、今回はレイフ・ファンズと毎回英国人スターが加わっていくのでシリーズが進むごとに豪華共演となるのも見どころだと思います。

gakusgakus 2005/11/05 01:08 うーむ、今回のハリポは賛否両論ですな。昨日、お話した方は、かなりご立腹モードでしたが…。私はとりあえず、グイなんとかという競技のルールを覚えてから観るか、と。

muramura 2005/11/05 20:43 グイなんとか→クイディッチですな(笑)は、ルールを覚えたとしても今回はほぼ出てきません……。今回は、学校対抗という名目で、明らかに命が危険な競技を強いられる子供たちのサバイバルを描く「少年ジャンプ」みたいなお話、と紹介しておきます。

gakusgakus 2005/11/05 23:13 死人が出るなら見てもいいかなあ。「蝋人形の館」級にエグい死に方が希望です(笑)。