映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-11-03 待ってました!

gakus2005-11-03

 久しぶりの更新。ご心配をおけしました。

 バングラデシュの難民救済を目的として、ジョージ・ハリスンが友人を集めて開いたチャリティ・コンサートの模様を追う「バングラデシュのコンサート」が「コンサート・フォー・バングラデシュ」のタイトルで、ついにDVD化された。大好きなコンサート・フィルムなので即購入。特典ディスク付きの2枚組で、さらにプックレットやポスターのついたデラックス版も出ていた。どっちを買おうか迷ったあげく、奮発してデラックス版をゲット。

 画質はDVDの割には並だが、これはマスターに起因するものと思われる。しかし音質は抜群によくなったなあ、という印象。VHSでは早送りして観ることも多かったラヴィ・シャンカールの演奏も今回は気合を入れて見直してみました。

 この映画が好きな理由は、他のチャリティもののようにバンドが次々と出てくるものではなく(それはそれで楽しいけれど)、ジョージがビリー・プレストンやレオン・ラッセル、リンゴ・スターなどの豪華なバックのメンツにボーカルをとらせているから。大会場でも実に和気あいあいとした雰囲気。ボーカルこそとらないがエリック・クラプトンやジェシ・エド・デイヴィス、バッド・フィンガーも味のあるプレイを披露。ゲスト扱いのボブ・ディランの滋味深いパフォーマンスもいい。

 ハイライトを挙げるとしたら、やはり感動的な『SOMETHING』。レコードで何度も耳にしているし、今さら取り立てて言うことでもないけれど、この映画でのジョージの演奏には、いつもジーンときてしまう。それと、レオン・ラッセルが歌う『JUMPING JACK FLASH』。ジョージの繊細な歌声が醸しだしていたホンワカした雰囲気を切り裂く剃刀のようなボーカル。この瞬間こにはゾクゾクさせられる。

 ジャケはこのコンサートの模様を収めたライブ盤『THE CONCERT FOR BANGLA DESH』。映画では聴けないディラン『Mr. TAMBOURINE MAN』も収録。

taco.taco. 2005/11/04 18:18 久々の更新がバングラディシュだからgakusさんも救済を必要としてるのかと深読みしてしまったw。年末恒例のビートルズ企画盤は結局これなのかしら?「ラストワルツ完全盤」のDVDが1000円以下で買える時代に8000円はえらく高く感じるよ。

gakusgakus 2005/11/05 01:12 深読みしすぎです。そういえば、このCDもディラン『LOVE MINUS ZERO』をボートラにして再発されてましたね。DVDの特典には、その映像版が収録されてました。確かに高いっちゃー高いですな。今冬のビートルズ関連リリースでは他に、映画『イマジン』がDVD化されますよ!

hannahanna 2005/11/05 01:36 バングラディシュ素直に観てみたいと思います。ジョージの生き方も映画になればいいと思いました。(ちょと前の話題。)

gakusgakus 2005/11/05 06:26 いかにもジョージの生き方は映画の題材になりそうですね。クラプトンとの葛藤はドラマにしたら面白いかもですな。

muramura 2005/11/05 11:48 恥ずかしいことにこのコンサート、ずっとバングラディシュで開催されていたんだと思いました。WWEの聖地でもあるマディソン・スクエア・ガーデンだったとは!

gakusgakus 2005/11/05 23:11 「バングラデシュのコンサート」という邦題は、何も知らない人には確かに誤解を呼びそう。あそこはWWEの聖地なんですか。ブラック・ディズニーからチャリティまで、何でもありですな。

taco.taco. 2005/11/07 10:45 日本人にとってのMSGと言えばWWEかマイケル・シェンカー・グループでしょう。レッド・ツェッペリンのライヴ映画もMSGでのライヴじゃなかったかな。あの70年代初期に映画用の大がかりな機材等を設置できるスケールのハコは希少だったのでは。バングラディシュのDVDは手には取ったものの一時断念。競馬頼みかな。

gakusgakus 2005/11/07 21:20 マイケル・シェンカーかよ!(笑) 確かに何台もカメラをまわすことを考えると、大きな会場でなければ不可能ですな。ツェッペリンもそうでした。週末エルノヴァでガツンと買ってください。