映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-11-08 アンカーマンって、こんな邦題に!?

gakus2005-11-08

“男が存在の危機を迎えたとき、できることはひとつ。スーツを買いに行こう!”

 これが名言かどうかは、礼服以外のスーツを持っていない自分にはわかりかねるが、日本未公開のままビデオ化されたコメディー「俺たちニュースキャスター」(原題「ANCHORMAN」)が面白いことだけは、よくわかった。

 舞台は1970年代のサンディエゴ。視聴率ナンバーワンのニュース番組のアンカーマン(ウィル・フェレル)が、野心的な女性キャスターの台頭に脅かされ、不安に陥る。そこで開き直ったように仲間に向かって吐くのが、最初に記したセリフ。たぶん、ニュース台本を一字一句読むだけで人気者となった主人公のバカっぷりを強調したギャグだと思うが、スーツを着こなせる人は、そういう気分を持つものなのかなと疑問に思った次第。

 この威勢のいいセリフとともに、GENE CHANDLERの1970年のヒット曲『GROOVY SITUATION』が鳴り始める。ゆるいグルーヴが、ノーテンキ感を引き立てるナイス・チョイス。

 ウィル・フェレルの他に、ベン・スティラーヴィンス・ヴォーンルーク・ウィルソンジャック・ブラックなど、なるほどね、と思える人脈キャスティング。フェレルと行動を共にするスポーツ・キャスター(デビッド・コークナー)、天気予報官(スティーブ・カレル)、レポーター(ポール・ラッド)仲間3人は「40 YEAR OLD VIRGIN」(8月25日の日記参照)で再共演しており、まさしく現代コメディーの人気者の豪華共演となった。そしてなぜかティム・ロビンスも。キャスター版「ズーランダー」と呼びたいほどの快作。バカみたいに面白い映画なのになぜビデオスルー!? たぶん“バカみたい”だからだろう。

 ジャケは『GROOVY SITUATION』収録、ジーン・チャンドラー、1970年のアルバム『THE GENE CHANDLER SITUATION』。

俺たちニュースキャスター [DVD]

俺たちニュースキャスター [DVD]

taco.taco. 2005/11/09 10:01 チバユウスケは「ロックをやるならスーツか皮ジャン。」と言ってました。彼にしては名言だな相方と二人で感心しました。スーツ着ると取りあえず”正装”になるから便利は便利よ。この主人公「スーツを買いに行こう!」って言って、買ったスーツが赤なのか?

gakusgakus 2005/11/09 21:03 なるほど。戦闘服みたいなものですかね。ちなみに、この主人公、この後スーツを買えない事態に陥ります。かなり笑える事態なので、ぜひ観てみてください。

muramura 2005/11/09 23:54 ビバ、アンカーマン! 90分以上あるという番外編が収録されなくて残念……。そういえば、キャスト&関係ない人(ルー・ロウルズとか)総出演の音声解説も聴きましたか?あんなにイカレた音声解説は初めてっす。

gakusgakus 2005/11/10 00:06 しまった、一泊二日の新作レンタルだったので返却しちゃいました…。一週間レンタルに落ちたら改めて観てみます。