映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-11-11 脱力系美少女の誘惑

gakus2005-11-11

 昨日に続いて、女子高生版「チャーリーズ・エンジェル」、「恋のミニスカウエポン」の話を。

 主人公がティーンだから、確かに今風のロックはかかる。THE DONNASの『TAKE ME TO THE BACKSEAT』が出動シーンでかかったのには確かに燃えた。しかし、この映画、昨日も記したとおり、燃えるような熱血映画ではなく、ユルいユーモアが気持ちよい作品。キャバクラ風の舞台劇とでも言うべきか、お色気だけでとりあえずオッケーと、いろいろ許せてしまう雰囲気がある。ティーン向けではない、キャバクラにハマる世代向けの音楽も多い。

 例えば、NEW ORDERの1980年代のヒット曲『TEMPTATION』は、女性エージェントとレズビアンの悪役との恋が盛り上がるシーンでのフィーチャー。ジャレ合ってる彼女たちの姿がこの曲に乗っかると、古めの青春TVドラマを見ているような錯覚に陥る。ちょっと気恥ずかしい。また、後半では悪役ジョーダナ・ブリュースターが愛のために悪行を止めようとするシーンがある。そこではイレイジャーの『A LITTLE RESPECT』が流れ、彼女が手下と歌い踊っていたりする。エレポップのスウィートな側面が、この映画の恋のシーンには生きているようです。

 ジャケは1982年リリース、NEW ORDERのシングル『TEMPTATION』。先日出たベスト盤『シングルズ』にも収録されています。

muramura 2005/11/12 14:36 IMDBで調べたら、この映画、元になった短編があるみたいですね。『バス男』と同じパターンですが、DVDにはオリジナルの短編も収録されているのかしらん。

gakusgakus 2005/11/12 21:09 DVDには未収録でした。短編サイズがちょうどいい映画かもしれません…。