映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2005-12-13 またもハレルヤ

gakus2005-12-13

 気づけば、またまた一週間近く放置。師走のバタバタの日々ゆえ、何卒ご容赦を…。

 今日はマラソン版「リトル・ダンサー」を意識しての邦題がつけられたと思われる「リトル・ランナー」(2月公開)を観る。 奇跡でも起きないかぎり病床の母は昏睡すら醒めない…そう医師に告げられた、カトリック・スクールに通う14歳の少年が、自身で奇跡を起こそうと、ボストン・マラソンで優勝を目指すというお話です。

 クライマックスのマラソン・シーンではレナード・コーエンの『ハレルヤ』がまたまた使われている。歌っているのはコーエンでもジェフ・バックリィでもない、名前に聞き覚えのない人。今年はこの曲をよく聴くなあ。とにかく、神を信じて競技に挑む主人公の姿に合っているし、感動を盛り立てているのも確か。訳詩の字幕をつけたのは正解だと思う。

 じつは『ハレルヤ』の音源を持っていないので、HAPPY MONDAYSの同名異曲収録のシングルのジャケでお茶を濁しておきます。カースティ・マッコールとデュエットしているバージョンが最高だが、この『MADCHESTER RAVE ON』に収録されているのは別バージョンだったかな…。

リトル・ランナー [DVD]

リトル・ランナー [DVD]

taco.taco. 2005/12/14 10:34 「ベルリン、僕らの革命」観た後は頭の中でずっと「ハレルヤ」が流れてました。今年出た日本のアーティストAIR(車谷浩司)のニューアルバムに「ハレルヤ」のカバーが入ってます。ジェフ・バックリィ型の弾き語りです。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BDJ6EW/qid=1134523579/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-0668288-6741934
いい曲ですよね。

gakusgakus 2005/12/14 23:23 こういう曲は歌唱力のある人が最小限の楽器をバックに歌うと、とても映えますね。

muramura 2005/12/14 23:25 「ハレルヤ」ならジョン・ケイルのカバーに一票! 映画なら『シュレック』で聴けますよね!(サントラだとなぜかルーファス・ウェインライトなんですよね)

gakusgakus 2005/12/15 01:25 「ベルリン、僕らの革命」を書いたときのコメント欄と似てきましたな(笑)。muraさんはジョン・ケイル版に愛情が深いですね。「シュレック」のあのシーンは、確かに印象的でした。

muramura 2005/12/15 01:56 ほんとだ……。我ながら酷い記憶力で、お恥ずかしい限り。そういえば今日新橋のスターバックスで「ハレルヤ」がかかってました。聴いたことのない女性のカバーでした。

gakusgakus 2005/12/16 01:22 いやいや、私も最近、昼メシ何食ったかさえ思い出せませんから(苦笑)。新橋ということはジョニデの新作でもご覧になったのかな。

muramura 2005/12/16 01:43 お察しの通り、ジョニデの新作でした。目当てはチョイ役で出ているはずのShane MacGowan。ところがずっと探していたのにShaneがどこにも見つからない! キャストのクレジットにも見当たらず、結局名前が出たのはスペシャル・サンクスだけ。どうやらカットされちまったらしいです。吟遊詩人役だったのに、残念。

gakusgakus 2005/12/16 01:50 シェーンは出てませんでしたか、残念。しかし、ジョニデを蹴って新橋でセガールの新作を観ている自分、なんだかなあ…。

muramura 2005/12/16 02:10 セ、セガール……。流石はgakusさん、脱帽です!!ビバ!

gakusgakus 2005/12/16 02:30 いや、セガール見たかったんです、単に(笑)。今回はさすがに歌ってませんでした。