映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-01-13 せっかく狂ったのに…

gakus2006-01-13

 「ロード・トゥ・パーディション」に続くサム・メンデス監督の最新作「ジャーヘッド」は湾岸戦争に赴いた一兵士の体験談を映像化したもの。ご存知のとおり、湾岸戦争はほぼ空爆でカタが付いたので、歩兵はほとんど出番がなく、ただ砂漠で“待つ”ことだけを強いられた。「ジャーヘッド」は、そんな一人も殺すことのなかった兵士のお話です。

 「フルメタル・ジャケット」のリー・アーメイのような鬼教官や、ジェイミー・フォックスふんする軍曹のシゴキを経て、主人公(ジェイク・ギレンホール)は“ブッ殺す!”気満々の戦闘マシンとなっていく。“早く赤い飛沫が見たい”と言いながら射撃練習するほどの狂いっぷり。にもかかわらず、戦場に行っても銃を撃つ機会はない。マスターベーションと銃の手入れ、仲間とのバカ話、恋人の浮気の心配に費やされるだけの日々。やっとめぐってきた狙撃の機会も急遽中止。“一発でいいから撃たせてくれ!”という叫びが空しく響く。「M★A★S★H」ほどフザケすぎておらず、「フルメタル・ジャケット」ほど深刻にならず。風刺とリアリティをほどよく混ぜ込んだ、メンデスのサジ加減は相変わらず絶妙。

 戦地に到着してすぐ、戦う気満々の中での防護マスクを付ける訓練シーンではT.REXの『GET IT ON』が流れ、高揚感をあおる。しかし、以後は士気下がりっぱなし。2005年11月18日の日記に記したNIRVANAの『SOMETHING IN THE WAY』は、主人公が恋人の浮気しているという念にとらわれて泣き崩れ、トイレで恋人の写真を見ながらマスターベーションをしているなどの映像と重なる、重苦しい雰囲気の起用。かなり長い時間かかっていたので、インパクトは強い。また兵士たちの頭上をヘリが飛んでいくシーンがあるが、そこで流れてくるのはDOORSの『BREAK ON THROUGH』。“ベトナム時代の曲じゃないか。最近のはないのか…”という兵士のボヤキが、前の戦争との様相の違いを象徴しているかのよう。結末近くではトム・ウェイツ/TOM WAITSの『SOLDIER'S THINGS』がシンミリと流れてきて哀感を誘う。

 ジャケは、その『SOLDIER'S THINGS』を収録したトム・ウェイツ、1983年のアルバム『SWORDFISHTROMBONES』。

Dirk_DigglerDirk_Diggler 2006/01/14 02:19 どうもです。AIRではなく「something in the WAY」ではないでしょうか?「ネヴァーマインド」の最後のストリングスの静かな曲ですよね?違ってたらスイマセン…

gakusgakus 2006/01/14 03:00 ご指摘感謝。まったくその通りでした。修正。しかも、スペルミスだらけのものが見られてしまい、恥ずかしい限りです…。