映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-01-19 まっすぐ歩く

gakus2006-01-19

 ゴールデングローブ賞のミュージカル=コメディー部門で作品賞を受賞した「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」は、ロカビリー・アーティスト、ジョニー・キャッシュと、カントリー歌手ジューン・カーターの結婚までの波乱の道のりを実話に基づいて描いたラブストーリー。キャッシュ役のホアキン・フェニックス、ジューンにふんするリース・ウィザースプーンが、同賞の主演男・女優賞をそろって受賞したこともあり、アカデミー賞戦線を賑わすこと間違いなしと見られている。

 ジョニー・キャッシュは歌手として成功して以来、ジューンに40回プロポーズし、ことごとく拒絶されてきたという。その都度、いろいろ理由があるのだが、ひとことで言うとジョニーの芯のなさということになるだろう。成功を収めるものの、父親との軋轢、最初の妻との不仲もあって、お定まりのドラッグ中毒コースを歩み、文無しにまで成り下がるキャッシュ。ともにツアーをしている最中、翌日もステージがあるにもかかわらず一晩中酒を飲んでフラフラになっているジョニーと仲間たちに、ジューンは“まっすぐ歩けない人たちばかりね"とイライラして言い放つ。ああ、ごめんなさい、僕もまっすぐ歩けてません…と観ていて心の中でつぶやいてしまうのは自分だけではないと思いたい…。“楽しむ"ということに関して何かにつけ理屈をつけて正当化してしまう、そんな自分の小ささがジョニーの姿を通してみえてきたり。というわけで、個人的にはツボのダメ男映画でありました。

 “まっすぐ歩く"=『I WLAK THE LINE』をはじめ、ジョニー・キャッシュの歌は、ここで初めて耳にするものばかり(といっても、歌っているのはホアキン)。で、一曲、“あ、これもジョニー・キャッシュの歌か"と改めて気づいたのが前半のステージ・シーンで披露された『GET RHYTHM』で、ライ・クーダーのカバー・バージョンで聴き馴染んでいた大好きなナンバー。靴磨きの少年と話していた歌い手が、“ブルーになったときはリズムに乗れ"という教訓を得るという歌詞があるが、そういえばこのステージの前に、ジョニーが街で靴磨きの少年を見つめているシーンがあった。

 ジャケは、そのライ・クーダー、1987年のアルバム『GET RHYTHM』。パックの黒いコーラスも最高。

taco.taco. 2006/01/20 22:24 2年程前に日本ハムファイターズのファン感謝デーに行ったときにヒルマン監督が何故か弾き語りライヴをやりまして「皆さんジョニーキャッシュを知ってますか?」と聞いたら全くリアクションが無くて若干困惑してました。アメリカは誰でも知ってる存在なんでしょうね。

gakusgakus 2006/01/20 22:58 笑った…。ヒルマンさん、選曲ミスりましたね。同世代ならプレスリーにしておいたほうがよかったかも。

muramura 2006/01/22 01:21 taco.さんのコメントでふと思い出したのですが、カウリスマキの『愛しのタチアナ』に出てきた「行け、とジョニー・キャッシュも言った」というセリフは、本当はフィンランドの歌手アンニッキ・タハティは言った、らしいっすね。キャッシュの知名度って、微妙だなあ。

gakusgakus 2006/01/22 02:59 「愛しのタチアナ」ゴメンナサイ、観てません…。ジョニー・キャッシュは実際、日本では買い揃えにくいリリース状況なんでしょうかね。

muramura 2006/01/22 10:29 自分で書いたけど、上の文章わかりにくいなあ。一応説明すると、フィンランド歌手の名前が、日本語字幕では「ジョニー・キャッシュ」になっていた、ということですね。あと『愛しのタチアナ』は、カウリスマキで一番好きな映画だったりします。確か一時間弱だったはずだし、音楽もいいっすよ!

gakusgakus 2006/01/22 16:35 なぜ、ムリにジョニー・キャッシュに!?フィンランドではそういう立ち位置にいる人、ということでしょうか。カウリスマキ作品、別に避けているわけではないのですが、考えてみるとマッティ・ペロンパーが死んでから観なくなっちゃったような…。大好きな俳優でした(と言っても、カウリスマク作品以外で観たことないけど)。とにかく、改めて観てみようと思います。

muramura 2006/01/22 21:22 ちょいしつこいですけど、『愛しのタチアナ』のペロンパ、最高っすよ。この映画の舞台挨拶で、ペロンパを肉眼で目撃したのが密かな自慢。あと、映画館から出たら隣の店で蕎麦食ってた。

gakusgakus 2006/01/22 21:38 確かこれが遺作でしたね。そういう意味でも見なければなりませんな。何気なく蕎麦を食ってても、違和感のなさそうな人だよなあ…ともあれ、羨ましいっす。