映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-01-24 アンビリーバボー

gakus2006-01-24

 昨年3月のLA出張時に不気味な宣伝ポスターを見かけて以来、ずっと気になっていたスリラー「ジャケット」が今年5月に漸く日本公開される。

 主人公は、湾岸戦争で頭部に負傷を負った帰還兵(エイドリアン・ブロディ)。ヒッチハイク中にエンコしていた母娘の車を修理してあげた後、彼は若い男が運転する車に乗せてもらう。カーオーディオから聴こえてくるのは、ちょっと懐かしいEMFの『UNBELIEVABLE』。その車に停止を命じるパトカー。次の瞬間、帰還兵は警官殺しの罪で裁判を受け、心神喪失を言い渡さる。まさしく“UNBELIEVABLE"な展開だが、さらに主人公は入院先の精神病院で、奇妙な治療を受けることになり、その治療の最中に10年後の2007年の世界に意識が飛躍。そして、そこで自分があとわずかの命であることを知り、彼は偶然出会ったウェイトレス(キーラ・ナイトレイ)とともに、自分の身に何が起きたのかを調べようとする。

 といった具合に、なんとも奇妙な味わいのスリラーだが、コワいというよりむしろ切ない感触の残る映画。昨年、似たタイプの映画を観たけれど、それが何なのかはとりあえず秘密にしておきます。

 キーラ・ナイトレイふんする、メイクのキツいウェイトレスのキャラがよくて、部屋にはイギー・ポップの『LUST FOR LIFE』のアルバム・ジャケットが飾ってある。レコード・プレーヤーの脇にはヴェルヴェット・アンダーグランドの1STの裏ジャケも発見。ということは、あの人のレコードもあるかな…と思ったら見当たらず、やがて彼女の母親の部屋に、その人のポスターを発見。音楽の趣味は親譲りだった…ということが判明する。この辺が好きな方なら、だいたい察しがつくと思いますが、これも観てのお楽しみということで…。

 ジャケはEMF、1990年リリースのシングル盤『UNBELIEVABLE』。

ジャケット [DVD]

ジャケット [DVD]

hannahanna 2006/01/25 20:32 「観てからのお楽しみ」ってのにそそられます。

taco.taco. 2006/01/26 00:19 EMFを使うってのも怖いし切ない…。

gakusgakus 2006/01/26 01:59 >hannaさん 女性にも安心して薦められるスリラーです。ぜひ!
>taco.さん いかにも。最初に耳にしたときは懐かしさが先立ちましたが、その後考えると予告的意味があったのか、と。