映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-02-01 40でまだ惑いっばなし

gakus2006-02-01

 今週のテーマは40歳…というわけではないけれど、日本公開がいつになるのか見当もつかない全米大ヒット・コメディー「The 40-Year-Old Virgin」の話を。待ちきれず輸入DVDで観ました。

 フィギュアオタク童貞の40歳・男性アンディが同僚のオモシロ半分の応援に支えられ、初体験に挑む。職場の向かいの女性と交際を始めるも、女性器についてはもちろん、コンドームの装着の仕方さえわからずオロオロする始末。そんなアンディのダメっぷりを笑う反面、笑えないのがオタク的志向。恋人に夢を問われ、“オーディオ店を持つこと"と答えるアンディ。恋人フィギュアをe-Bayで売れば資金ができると提案し、アンディもそれに同調するが、案の定、土壇場で売れなくなる。

 自分の場合はフィギュアじゃなくてレコードだけど、“子供のお受験のために売れ!”とカミさんに言われたとしたら、やっぱり売れないよなあ…。とりあえず、“もっと働きますから、それだけはご勘弁を…”ということになりそうだ。物に固執しているうちは人間、なかなか大らかになれせん。肉体的バージンよりも精神バージンの方が、よっぽど問題だよなあと、つくづく思う。

 昨年8月25日の日記サントラについて記したけど、これまた使われてない曲がけっこう入ってたよう。JO BOXERS『JUST GOT LUCKY』はアンディが同僚たちと食事しているシーンと、エンドタイトルでのフィーチャー。ライオネル・リッチーHELLO』は、アンディがベッドで、あることをしようとするBGMとなっているが、ここは笑った。『AQUARIOUS〜LET THE SUNSHINE IN』のミュージカルヘアー」メドレーも笑えるが、どんなシーンかは内緒

 ジャケは、1969年、5TH DIMENTIONがリリースしたヒッピー・ソウル名盤『THE AGE OF AQUARIOUS』。大ヒットした『AQUARIOUS〜LET THE SUNSHINE IN』を収録。これアナログで探してるんだけど、こんなことに熱を上げてるうちはまだまだ問題アリかねえ。

40歳の童貞男 [DVD]

40歳の童貞男 [DVD]

taco.taco. 2006/02/02 13:32 お父さん大変ですな。資金調達の際に売ったレコードの名前を買ったものに勝手につけちゃうのはどう?靴の名前を「デヴィッド・ボウイ」とか、カバンを「Tレックス」とかさ。そうすると気分も変わるかも。

gakusgakus 2006/02/03 01:29 気分は変わるかもしれませんが、絶対に売りません(笑)。そもそもボウイを足蹴にするなんて…。