映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-02-15 Tシャツいろいろ

gakus2006-02-15

 最近映画で目についたアーティストTシャツの話なんぞを。

 公開中のリメイク版「悪魔の棲む家」で、誰でもすぐに目に付くであろう、男の子が着ているKISSのTシャツ。なるほど、1970年代なかばが舞台だけあって人気もあったのだろう。しかしカタカナで“キッス”と書かれているのは、いかがなものか。ホラー映画なのに、日本人としては著しく緊張感をそがれるのだが…。

 メキシコ映画「ダック・シーズン」(4月公開)では10代前半の男の子が、RANCIDのTシャツを着ている。パンクのワルっぽいイメージに惹かれてるんだろうなと思わせるが、映画が進むにつれてこの子の繊細さが見えてくる。その意外性が味となっており、好印象を抱かせる。地味なインディーズ作品ながら深みあり。

 ビデオレンタル店で借りてきた韓国映画「ジャングル・ジュース」で、チャン・ヒョクふんする主人公のチンピラはリチャード・アシュクロフトのTシャツを着ていた。が、かなりうかつなキャラで、劇中でそれについてセリフで語られることもないので、単なる見た目のかっこよさだけで着ていたと思われる。しかし、兄貴分のヤクザに“ちゃんとした格好をしろ”と怒られ、このシャツの出番は10分足らずでおしまい。

 最近の映画ではないが、愛すべきヤンキーバイカー映画「トルク」でヒロイン、モネット・メイザーはローリング・ストーンズのベロ・ロゴ付きタンクトップを着ていた。で、最近知ったんだけど、この人、偶然にも例のブライアン・ジョーンーズの「STONED」に出演していて、なんとアニタ・パレンバーグの役をやっていた。ブライアンとキース・リチャーズに愛されるファム・ファタール。ブロンドの長い髪も眩しいキレイな人だから、なんとなく納得。

 ジャケは、VERVEのころは一時ミック・ジャガーにも似ていたリチャード・アシュクロフト、先月出たニュー・アルバム『KYES TO THE WORLD』。

Mocker!Mocker! 2006/02/16 02:24 アーティストTシャツの登場で印象的なのが10数年前の「眠らない街 新宿鮫」。真田広之がジャケットの下にシャーラタンズのTシャツ(2nd時のシングルのジャケット)を着て、歌舞伎町を疾走していました。見ていてすごく違和感があったのですが、どういう経緯で使われたのか今だに謎です。

muramura 2006/02/16 13:07 「トルク」のビッチ一号がアニタ役ですか!なんかいいっすねえ。「トルク」は主人公がラモーンズTシャツで、敵役がモーターヘッドTシャツでしたよね、確か。

gakusgakus 2006/02/17 07:03 >Mocker!さん 真田広之がそんなものを着ていましたか! ロック・ミュージシャンの恋人に無理矢理合わせて、西新宿で買ったのでしょう(笑)。
>muraさん そうそう、そうでした。ラモーンズが善、モーターヘッドが悪か…どっちも悪に見えますが…。それはそうと、昨夜はお疲れさまでした。