映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-03-13 セールスポイントとしてのロック

gakus2006-03-13

 「バイオハザード」の原点と呼ばれているらしいゲームを映画化したホラー・アクション「アローン・イン・ザ・ダーク」(5月公開)のお話。

 魔界と人間界のをつなぐ扉が開かれようとし、悪魔の手先らしき怪物やゾンビ軍団が人間界に押し寄せる。これに立ち向かう特殊部隊員らの死闘劇が展開…するのだが、悪魔をよみがえらせようとしている博士や、それを推進していたという某政府機関の目的がさっぱりわからず。同じくゲームの映画化「ハウス・オブ・ザ・デッド」でホラー・ファンとゲーム・ファンを敵に回した(?)ウーヴェ・ボル監督が、またまたやっちゃいました…という感じであります。

 この映画、インディーズ製作の割にはキャストも豪華で、クリスチャン・スレーター、スティーブン・ドーフ、タラ・リードという顔ぶれがそろっているが、全米興行収入では制作費も回収できないほどの惨敗を喫している。にもかかわらず、本作と連続公開されるボル監督の次作のバンパイア・ムービー「ブラッドレイン」(コレもゲームの映画化で、出来もやっぱり…)ではさらにキャストがスケールアップしており、「ターミネーター3」のクリスタナ・ロケーンの他、マイケル・マドセンベン・キングスレーミシェル・ロドリゲス、ウド・キアーが出演している。そして今年全米公開される新作にはジェイソン・ステイサムバート・レイノルズレイ・リオッタ、リリー・ゾビエンスキーと、さらに豪華キャストが結集しているというから驚き。どうなってんの???

 ふたつの可能性が考えられるが、ひとつは実は製作も兼ねているボル監督、意外にもハリウッドでは黒幕的な存在なのかもしれない。なんらかの弱みを握られている人たちが、しょうがなく出演した…というジミー・ウォン映画にも似たパターン。

 もうひとつは、国際的なマーケットでは意外に売れている可能性。むしろ、こちらの方が現実味がある。ゲームの知名度と、スターの出演は、海外市場では大きな強みとなる。そのうえ、漫画チックなアクションと残酷描写がバンバン映し出され、必然性のないラブ・シーンもある。銃撃戦にガンガン、ハードロックが重なるのだから、見た目の派手さというセールスポイントも万全。

 もし、このパターンで資金が順調にまわって、その結果スケールアップしているとしたら、ある意味すごいことだと思う。映画作りの才能はともかく、映画ビジネスの点ではボル監督はとんでもない天才かもしれない。

 ジャケは「アローン・イン・ザ・ダーク」の必然性のないラブシーンでフィーチャーされるNENEH CHERRY、『7 SECONDS』を収録した1996年のアルバム『MAN』。映画を観てるかどうかは知らないが、ネネ姐さんの感想が気になる…。

アローン・イン・ザ・ダーク [DVD]

アローン・イン・ザ・ダーク [DVD]