映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-04-25 マンハッタンに香辛料

gakus2006-04-25

 デンゼル・ワシントンジョディ・フォスター、クライブ・オーウェンの共演、スパイク・リー監督によるサスペンス「インサイド・マン」(6月公開)は、恐ろしく頭の切れる銀行強盗犯と警察の攻防を描いたもの。舞台はマンハッタンで、スパイク・リーらしい都会臭ムンムンの映画となっている…が、なぜかこの映画のオープニングはマサラ歌謡。インド系のキャラクターが登場するわけでもないのに。エンディングでは再び、このナンバーが流れるが、こちらは英語のラップを被せた、サンプリングに近いバージョン。このようにメインテーマ的な扱いなのだが、いったいどういう理由から起用したのか気になる。

 エンドクレジットによると、この曲はA・R・ラフマーンによるもの。この人「ムトゥ踊るマハラジャ」の音楽で日本でも有名になった売れっ子作曲家です。

 ジャケは明日発売される「ボリウッド/インド映画ベスト・ヒット」なる2枚組のコンピレーション・アルバム。タイトルのとおり歴代のインド映画から、そこで使われたヒット曲を集めたものでラフマーンによるナンバーも収録している。取上げられている映画はほとんどが日本未公開だが、脳髄がとろけそうなオリエンタル・ムードは捨てがたい。『姉さん、あなたの夫の弟は変な人』という、タイトルだけで脱力してしまうナンバーもあり。

muramura 2006/04/26 03:05 ああ、きっとそのタイトルだと、歌っている妹がヘンな義弟と恋に落ちるんでしょうねえ。久々にいかしたマサラムービーが観たいなあ。そういえば数年前、ラフマーンが作曲したミュージカル「ボンベイ・ドリームス」を観ました。『ムトゥ』で聴いたようなメロディ満載(流用?)のボリウッド内幕物で、脳髄溶けましたよ。これも映画化されたりして。

gakusgakus 2006/04/26 04:21 そういえば、最近マサラムービー、めっきり入ってこなくなりましたね。韓国に押されてるせいでしょうか。ああいう、ある意味ドラッギーな映画は時々無性に見たくなりますね。

taco.taco. 2006/04/26 14:10 「ARラフマーンの世界」ってCD持ってるけど、映画同様時々無性に聴きたくなります。良い意味で現実離れ出来るのかなあ。

gakusgakus 2006/04/27 00:43 ここにもラフマーン・ファンが(笑)。確かに現実感がないですね。そういう意味では、「ムトゥ」の時にインドの小室哲哉みたいな紹介のされ方をしていたのも納得。