映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-01 ちょびっとエクスタシー

gakus2006-05-01

 先週末のエントリーでふれたイギリス製犯罪劇「レイヤー・ケーキ」について。新ジェームズ・ボンド俳優ダニエル・クレイグふんする主人公はドラッグ・ディーラーで、そろそろ足を洗おうかと考えているが、この手の映画の常でそうは問屋が卸さず、セルビアの武装組織から奪われたヤバいブツをさばけだの、暗黒街の大物の令嬢でヤク中の娘を探し出せだの無理難題をボスに押し付けられ、散々な目に遭う。

 小汚い下町のダイナーで、クレイグは用心棒と“どうしたもんか"と密談をするのだが、ここではAMラジオっぽいくぐもった音で、なじみのあるギターリフが聴こえる…と思ったらXTCの『MAKING PLANS FOR NIGEL』だった。映画の中でXTCを聴く機会なんぞ、めったにないからこれは嬉しいセレクト。ハリウッド映画ではありえない、イギリス映画ならではのチョイスでした。

 この後、店内の曲はDURAN DURANの『ORDINARY WORLD』に切り替わるが、直後に画面は凄まじいバイオレンスに転換。それまで曇った音で鳴っていたナンバーが、容赦ない暴力に合わせてハッキリと鳴り響く。場面の転換もスタイリッシュだが、サウンド面でのこういう工夫も巧い。

 ジャケは1979年リリース、XTCの3rdアルバム『DRUMS & WIRES』。『MAKING PLANS FOR NIGEL』には当時『がんばれナイジェル』という邦題がつけられていたが、最近のベスト盤や再発の紙ジャケCDでは原題のカタカナ表記になっているのは、ちょっと寂しい気もする。

hannahanna 2006/05/02 22:28 XTC後追いですが、曲が使われているというだけでちょっと観てみたいと思いました。紹介されなければそんなこととは知らずに済ませてしまう映画かもしれないけど。新婚旅行で「ロンドン塔」も押さえたりした私としては、「イギリスっぽい」っていいと思います(と今更豪語)。

gakusgakus 2006/05/03 02:09 実際、使われ方も地味なので、気が付かなくても不思議ではないと思います。XTCはイギリス映画以外では、あまり鳴ってほしくないバンドかもしれませんね。