映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-04 バック・トゥ・涙の70’S

gakus2006-05-04

 ヘヴィーロック・アーティスト、ロブ・ゾンビが「マーダー・ライド・ショー」に続いて監督を務めた「THE DEVIL’S REJECT」を輸入DVDで観る。

 お話は「マーダー・ライド・ショー」の殺人鬼一家のその後を描いたもの。一家に兄を殺された保安官の執拗な追跡。モーテルで宿泊客を虐殺し、車を強奪するなど暴走する一家の逃避行。続編とはいえ前作のオフビートなコミカル・テイストはおろかホラー色まで払拭し、骨のあるバイオレンスドラマとなった。「俺たちに明日はない」などのアメリカンニューシネマが、レビューで引き合いに出されるのも納得のアウトロー映画。

 もちろん無法の殺人鬼一家だから常識的に共感なんぞできるものではないが、それがなぜかできてしまうのがこの映画のマジカルなところ。とりわけ音楽面での演出が効果は絶大だ。その最たる例がクライマックスで、サザンロックの雄レーナード・スキナード/LYNYRD SKYNYRDの『FREE BIRD』がスローモーションの映像とマッチして神々しく響き、同情の余地のない殺人鬼たちも実は何かのメタファーなんじゃないかと思わせる。また、1960〜70年代に活躍したシンガーソングライター、テリー・リード/TERRY REIDのナンバーも効果的に使われており、クライマックス直前の不穏な展開にかぶさる『TO BE TREATED RIGHT』の切ないこと。さらに『FREE BIRD』が鳴り終わった後、まさしく鳥のように飛翔するカメラからの映像に重なってエンドクレジットとなるのだが、そこでフィーチャーされるのもリードのナンバー『SEED OF MEMORY』で、これがまた哀愁を誘う。

 この他、オープニングのTHE ALLMAN BROTHES BAND、THEREE DOG NIGHT、STEELY DANなど1970年代の土臭いアメリカンロックがギッシリ。それだけで十分にアメリカンニューシネマ風。毛色の異なるところでは、ブルースの名手OTIS RUSHの古い映像がモーテルのTVで流れるが、それに重なるように殺人鬼一家の長男(役名=オーティス)が、まさしく暴走するシークエンスがある。

 1970年代的要素はキャスティングにも表われ、「ゾンビ」のケン・フォーリー、「サランドラ」のマイケル・ベリーマンの出演がホラー・ファンには嬉しいところ。「ダーティファイター」をはじめ当時のイーストウッド作品に多数出演していたジェフリー・ルイスが一家の犠牲となるカントリーバンドのリーダー、「ウォリアーズ」のヒロイン、「ストリート・オブ・ファイヤー」のマイケル・パレの姉役などウォルター・ヒル作品で活躍したデボラ・ヴァン・バルケンバーグが娼婦役で出演していのも個人的には燃えどころでした。

 ジャケはテリー・リード、1976年リリースのアルバム『SEED OF MEMORY』。タイトル・ナンバーはもちろん『TO BE TREATED RIGHT』も収録。

みのモンタナみのモンタナ 2006/08/05 17:00 こんにちわ。自分もこの映画輸入盤で観ました。前作「マーダー〜」が、まぁ良く作り込まれてはいるものの、並のホラーだと思ったもんですが(前半は良かったんですけどねぇ)、この続編は傑作ですねぇ。ラストもべたべたなニューシネマ的演出で、思わず赤面ですが、いやぁこれが実に感動的です。だって三人とも良い表情してるんだもん!これが劇場未公開ってのは情けない。採算度外視で公開する、男気のある配給会社はないのかっ!?ところで、詳しい音楽の説明がとても参考になります。今後も楽しみにしておりますのでがんばって下さい。

gakusgakus 2006/08/06 17:15 コメント、ありがとうございました。私も「マーダー・ライド・ショー」は、ホラー映画への愛情こそ伝わってくるものの物足りなかったので、この続編の引き締まり方には驚かされました。ロブ・ゾンビの1970年代映画へのオマージュが充実したかたちで出ていると思います。日本公開に関しては、そのバイオレンス色の強さゆえ、配給会社も尻ごみしているのではと推測しています。早くスクリーンで見たいですね。こちらこそ、今後ともよろしくおねがいします。

みのモンタナみのモンタナ 2006/08/14 17:02 なんと、劇場公開が決まったらしいですね。レイトショーの単館ですが、この際贅沢は申しますまい。しかしこちらでも紹介されてるテリー・リードは良いですねぇ。この映画で初めて知ったミュージシャンなのですが、すこぶる胸に沁みました。サントラだけではもの足りなくなりましたので、彼のアルバムを探して聴いてみようと思います。

gakusgakus 2006/08/14 21:53 9月下旬よりレイトショーではありますが、劇場公開されますね。とりあえず良かったです。テリー・リードはツッェペリン(だったかな…)のボーカルの座をソデにした人として有名ですが、結果的には良かったような気がします。この人のボーカルは、本当にじっくり聴かせますね。