映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-08 今どきの80’s

gakus2006-05-08

 アッっという間に劇場公開され、アッという間にソフト化されていたディズニー製作のファンタジー・コメディー「スカイ・ハイ」。スーパーヒーローの両親を持つ少年が、雲の上にあるスーパーヒーロー養成ハイスクールへ入学。この主人公、まだ特殊能力が開花しておらず、ヒーロー組と、それをサポートするいわゆるおちこぼれ組、サイドキック組の組分けで、後者に振り分けられる。そこに素質開花の逸話はもちろん、ロマンスやら、友情やら、ダンス・パーティーやらのエピソードがからみ、コメディーとはいえ「恋しくて」にも似た甘酸っぱさも。

 「恋しくて」といえば1980年代、当時の流行の音楽をフィーチャーしたジョン・ヒューズならではの作品だが、ここで聴ける音楽もなぜか80’sモード。オープニングの『EVERYBODY WANTS TO RULE THE WORLD』(ティアーズ・フォー・フィアーズ)、主人公が年上の憧れの上級生と顔を合わせる度に流れる『TRUE』(スパンダー・バレエ)、キャンパスライフのBGMとなる『AND SHE WAS』(トーキング・ヘッズ)、パーティーのシーンで流れる『VOICES CARRY』(ティル・チューズデイ)、ダンス・パーティーのBGMとなる『ONE THING LEADS TO ANOTHER』(フィックス)、『LIES』(トンプソン・ツインズ)と、まるで当時のビルボードのチャートから抜け出したような選曲。

 ただし、これらはすべて他のアーティストによるカバーで、今風のオルタナ的アレンジが施されている(が、これらのナンバーをカバーしたパフォーマーは個人的に馴染みなし)。いかにもファミリー・ムービーらしい手法。保護者には懐かしく、子供たちには新鮮…つートコでしょうか。ちなみにエンドクレジットは、BOWLONG FOR SOUPのオリジナル・ナンバー。

 ジャケはフィックス/THE FIXX、『ONE THING LEADS TO ANOTHER』収録、1983年のアルバム『REACH THE BEACH』。劇中のこの曲のカバーはテンポ遅めでイマイチ。