映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-09 味なUSインディーズ

gakus2006-05-09

「さよなら、僕らの夏」(6月公開)は、サンダンス映画祭で高く評価された良質の青春映画。派手さはないが、ローティーンの善意と悪意の2面性や、仲間内でのパワー・バランスがリアルに描かれ、好感が持てた。

 物語は、イジメに悩まされる少年が兄に悩みを打ち明けたことから始まる。兄は友人たちとイジメっ子を懲らしめる策を練り、弟やその友人との川下りの冒険にいじめっ子を誘い出した。ところがこのイジメっ子、意外に優しいところもあり、計画は一時中止かと思われたが…。

 子供たちの繊細さに寄り添うように、ソフトなUSインディーズ系アーティストのナンバーをフィーチャー。弟がベッドルームで兄に悩みを打ち明けるシーンではJOHN GOLDの『SOUND AND LIGHT』が優しく鳴り響き、彼らが電話でイジメっ子を川下りに誘うシーンではEELSの『MENTAL』がいたずらっぽく鳴っている。出発の車中ではDEATH CAB FOR CUTIE『THE SOUND OF SETTLING』が流れ、“パッパー”のコーラスが行楽に浮き足立つ気持ちを伝える。続けてカーステレオからかかるWILCO『POT KETTLE BLACK』のアコースティックでリズミカルな空気感も気持ちよい。しかし、この後、悲劇的な展開に突入するゆえに、明るい曲はここまで。後半のシンミリ聴かせるナンバーも味アリ。

 ジャケはDEATH CAB FOR CUTIE、2004年リリースのシングル『THE SOUND OF SETTLING』。表題曲もいいけれど、7インチのB面に収められたTHE SMITHSのパンキッシッシュなカバー『THIS CHARMING MAN』も最高。ちなみにデス・キャブ、最新シングル『CROOKED TEETH』のB面ではJULIAN COPE『WORLD SHUT YOUR MOUTH』のカバーもやっています。

さよなら、僕らの夏 [DVD]

さよなら、僕らの夏 [DVD]