映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-11 ソウル・ファン、イーサン・ハント

gakus2006-05-11

 現在全米で大ヒット中、日本でもサマー・ムービーの本命と目されている「ミッション:インポッシブル」シリーズの最新作「M:i:掘廖A娃穏遒榔覗スタイル先行型の監督らしい作りで、それはそれで面白かったが、今回はTV「エイリアス」「LOST」のJ.J.エイブラムスの起用でドラマ面を強化。トム・クルーズふんする主人公イーサン・ハントの超人的な側面は抑えられ、人間的な部分が強調されている。イーサンが泣いたり、怒ったり、落ち込んだりと、感情的な部分の振り幅も大きい。とはいえアクションの迫力は抑えられたどころか、逆に凄みを増した。シリーズでもっともドラマチックな作りといえるのではないだろうか。

 今回のイーサンは人並みに結婚生活に向かって歩いているという設定だが、スパイの仕事を婚約者に打ち明けられずにいる。いわば仕事とプライベートの狭間に立たされており、フィリップ・シーモア・ホフマンふんする敵はそこを突いてくる。さらに所属組織IMFに単独行動の失敗を責められ拘束されることもあり、イーサンの前には例によって危機が山積み。

 で、毎回話題になるエンディングテーマだが、かねてから噂されていたとおり、カニエ・ウエストの手によるもので、アフリカン・ビートをとりいれたダンサブルなナンバーとなっている。女性コーラスのメロディアスでソフトな感触はクインシー・ジョーンズに似たものも感じさせるが、その辺は単調なヒップホップとは異なり、コンポーザー兼プロデューサーとしての才覚も見てとれる一曲。

 他には冒頭、婚約パーティーのシーンで、スティービー・ワンダーやエモーションズなど、1970年代のファンキー・ソウルが矢継ぎ早にフィーチャーされている。個人的に笑ったのはIMFを敵に回して組織の建物内をイーサンが逃げ回るシーン。彼は強奪した無線機をラジカセの前に置いて逃げ、そこで流れてる曲が追っ手にも聴こえるのだが、“We Are Family〜”というフレーズが皮肉っぽく響く。

 ジャケはその『WE ARE FAMILY』を収録したSISTER SLEDGE、1979年の同名アルバム。PAUL WELLERがこのアルバムから『THINKING OF YOU』をカバーしたことで、個人的には評価が上がった。