映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-16 ベッカムはゲイ(らしい)

gakus2006-05-16

 各国のワールドカップ代表選手が決まったからというわけではないけれど、サッカーを題材にした、劇場未公開のドイツ製のコメディー「WE LOVE BALLS!!」をお話。

 ゲイであることからマイナーリーグのチームを追い出されたゴールキーパーの青年が、ゲイのチームを結成して古巣と因縁の対決に挑むという物語。サッカー版「アタック・ナンバーハーフ」というべき内容だが、ホモセクシャルにもいろいろあって、隠れゲイにハードゲイ、子持ちのゲイに“ベッカムはゲイ”と主張するオカマちゃん、性同一障害者などが、このチームの顔ぶれ。それぞれの人間ドラマに笑わせられたり、泣かされたりの、情のこもったお話でした。「レボリューション6」「愛より強く」など、最近のドイツ製アウトサイダー・ムービーは熱いのが多い。

 音楽はギターポップ寄りで、これまた個人的にツボ。主人公が故郷を後にして選手探しの旅に出るシーンではルーニー/ROONEY『I'M SHAKIN'』が元気よく鳴り響く。もし、このシーンで設定に歌詞がハマリすぎるBRONSKI BEAT『SMALLTOWN BOY』がかかったら、まったく違う映画になるだろう。ルーニーはもう一曲、特訓シーンで『SORRY、SORRY』が流れるが、これまたノリよく気持ちイイ。また、物語の最後にフィーチャーされるのはドイツのギタポ・バンド、MILESの『STRANGER』。これもギターのリフとメロディーがイイ。

 ジャケはROONEY、2003年リリースのデビュー・アルバム。先の2曲は、もちろんここから。

マッキー☆マッキー☆ 2006/05/26 22:59 お邪魔させていただきました。
サッカーに疎い私でもなんだかんだと意外と楽しんじゃいました、この作品。
笑って泣けるコメディって感じで面白かったです(^−^)
またいつかなんとなく観たいな〜って感じる映画でした!

gakusgakus 2006/05/27 04:12 初めまして。コメントありがとうございました!
なんとなく元気になれる映画なので、忘れたころに観たくなりますね、コレは。
劇場公開に足るクオリティだと思っているのですが…。