映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-05-24 嬉しい驚き

gakus2006-05-24

 このところ激務につき更新遅れ気味です。書きたいことはいろいろあるけれど、ひとつだけ。

 現在アメリカでヒット中、日本では8月公開のドリームワークスの最新アニメ「森のリトル・ギャング」。エンドクレシジットで聞き覚えのあるフレーズと思いきや、THE CLASH『LOST IN THE SUPERMARKET』のカバーじゃないの! クレジットでパフォーマーを確認したら、なんとBEN FOLDS。ミック・ジョーンズの声とよく似ていて、そこにも驚いた。

 で、ジャケはベン・フォールズ、今年リリースの国内盤CD『SONGS FOR GOLDFISH』。このアルバムにライブ・バージョンで収録されている『ROCKIN' THE SUBURBS』も劇中、郊外の家家に潜入した動物たちによる食料強奪のシークエンスで鳴っていた(と思う。要確認)

taco.taco. 2006/05/25 10:10 お疲れ様です。ジャケのベン・フォールズのようにズボンを履かずにボーっと出来る時間がくるといいですね。

gakusgakus 2006/05/26 03:59 ありがとうございます。今、フッと気を抜いたりしたら、たぶんそんな感じになるでしょう(笑)。