映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-06-02 危機感のない音

gakus2006-06-02

 2月12日のエントリーで触れた悪趣味SFホラー「SLITHER」を観たが、これが期待にたがわぬ面白さ。田舎町にエイリアンの卵のようなものが落ちてきて、人間に寄生したあげく、その体を突き破って、ヒルのような生物が無数に出現し、さらに町の人々を襲っていく。で、寄生された人々はゾンビみたいになってしまう…というB級テイスト全開のお話。トロマ出身の監督が撮っただけあり、確信犯的に盛り込まれたユーモアもチャーミングな映画でした。

 音楽の使い方はモロにギャグで、深刻な事態の一方で、町の人たちはのどかなカントリー・ミュージックに合わせて踊っていたり、太ったおばちゃんがのんきにカラオケで『CRYING GAME』を歌っていたりと、見事な脱力効果を発揮。また、最初にエイリアンに寄生されたマイケル・ルーカーふんする男は、「ザ・フライ」ばりにどんどんグロテスクに変身していくんだけど、人間だったころの妻とのセックスのBGMであるエア・サプライのロマンチックな曲をグロテスクになってからもオーディオでプレイして、おののく妻に迫るという、ブラックジョーク的爆笑描写もある。

 ジャケは、映画「クライング・ゲーム」におけるボーイ・ジョージのカバーでもおなじみ、1964年のヒット曲『CRYING GAME』を収めたDAVE BERRYのベスト盤。DAVE BERRYのこの曲はSWINGING LONDONの時代とは微妙にズレているが、なぜかMODコンピレーションに収録されることが多い。

追記

『スリザー』の邦題で2007年12月日本公開。

hannahanna 2006/06/04 00:31 LAからですか?
日々ゾンビづいていらっしゃる?そっちの方にもチャレンジしてみよおかなあ。
チャリ15分程度の職場をかけ巡る私には夢のような「LA出張」てな響き!
頑張って下さい。

gakusgakus 2006/06/05 17:45 ありがとうございます。明日帰国致します。

agmonagmon 2007/07/22 21:08 SLITHERは最後どうなるんですか?どうやって倒すのですか?

gakusgakus 2007/07/23 03:07 コメントありがとうございます。ここでは映画の結末には触れぬようにしておりますので、返答は控えさせて頂きます。何卒ご理解下さい。私ももう一度観たいので、早く日本公開して欲しいものです。

raihtraiht 2007/07/23 15:02 初めまして、こんにちは。すごいSLITHERはみたいのですが、色々なサイトみてるんですが、グロいんですか?見所はどこですか?SLITHERの公開日は今年の秋に公開します。agmonさんがいってる通り、僕も最後がきになりますねで、ヒントぐらいでも教えてくれませんか?

gakusgakus 2007/07/24 02:53 コメントありがとうございます。なにぶん一年以上前に見たので記憶が薄れ気味ですが、グロと笑いの融合が見どころというべきでしょうか。秋公開ならもうすぐですね。自分ももう一度見るのを楽しみに待つとします。

raihtraiht 2007/07/24 03:18 最後はどうやって倒したのですか?僕もきになります。倒し方のヒントでも教えてください

gakusgakus 2007/07/24 03:30 agmonさんへのレスでも記しましたが、ここでは音楽に関わる話でないかぎり、映画の結末には触れぬようにしております。何卒ご理解下さい。

agmonagmon 2007/07/25 03:17 最後どうやって倒したか教えてくれませんか?お願い致します。

gakusgakus 2007/07/26 23:14 何度も知るしました通り、ここでは控えさせて頂きます。『SLITHER』のようなマイナーな作品に注目されているほどですから、かなりの映画ファンとお見受けしました。ならば、他人から映画の結末を聞くのが無粋であることはご理解いただけると思います。公開を待ちましょう。

agmonagmon 2007/07/27 01:07 映画はものすごく大好きで、前は友達と1ヶ月に7本ぐらいみにいってました。今は仕事してるので中々みにいけてないのですが、映画は超大好きです

gakusgakus 2007/07/28 00:38 働いていると、気軽に映画を見る機会はどうしても減ってしまいますね。なおさら一本、一本との出会いを大切にしたいと、自分は考えています。