映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-06-13 Be Good

gakus2006-06-13

 昨日に続いてチャック・ベリーネタを。ブルース・ウィリス主演、リチャード・ドナー監督のサスペンス・アクション「16ブロック」(秋公開)の話。

 夜勤明けのNY市警の中年刑事(ウィリス)に、法廷で証言することになっている黒人の囚人(ラップ・アーティストのモス・デフがふんしている)の裁判所への護送の任務が下された。16ブロック移送するだけの簡単な仕事のはずだったが、そこにモス・デフを法廷に立たせると困ることになる仲間の刑事たちが介入し、その命を狙いだす。で、ウィリスは囚人を守るため、命を懸けて渋滞の朝のNYを駆け回ることになる…といった具合に、イーストウッドの「ガントレット」をほうふつさせるストーリー。そこにウィリスとモス・デフのかけあいの妙や友情がからむと、ドナーの「リーサル・ウェポン2」に雰囲気が近くなる。いずれにしても、男の映画であることは間違いない。

 ポコンとした出っ腹でくたびれた刑事を演じるウィリスもいいが、「ミッドナイト・ラン」のチャールズ・グローディンにも似た、純朴な囚人にふんするモス・デフのトボケた存在も捨て難い。出所したらケーキ屋を開くという、この囚人は“お前はワルだ、できるわけがない"というウィリスに、こう言い返す。“人間は変わることができる。バリー・ホワイトチャック・ベリーもムショで暮らしたけど、いい音楽を作ったじゃないか"…ごもっとも。

キャリアのもっともピークの時期に4年近く服役したにもかかわらず、長く現役を続けるベリーだが、タフで頑固な人だから、そんな経験も芸の肥やしに過ぎなかったのかもしれない。これはジェームス・プラウンにもいえること。ちなみに映画のエンディングでかかるのはバリー・ホワイトの方で、チャック・ベリーのナンバーは使われていない。

ジャケはチャック・ベリー最初の服役生活を終えた後のアルバムで、1964年の『St. Louis To Liverpool』。このジャケも最高。

16ブロック [DVD]

16ブロック [DVD]