映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-06-15 ドリューに首ったけ

gakus2006-06-15

 ニック・ホーンビィ原作の『ぼくのプレミア・ライフ』の“イギリス、サッカー”という設定を、“アメリカ、野球”に置き換えた、ファレリー兄弟の「2番目のキス」が7月に漸く日本公開される。

 主人公は生徒に人気のある小学教師(「TAXI NY」のジミー・ファロン)で、彼はドリュー・バリモアふんするキャリアウーマンと恋に落ちる。ところが、ファロンはボストン・レッドソックスの熱狂的サポーターで、このときはシーズンオフだったから、ドリューもまだ彼の本性を知らずにいた。しかし春になりメジャーリーグが開幕するや、ファロンは球場に通い詰め。最初は付き合っていたドリューだったが、これが次第に重荷になり…。

 レッドソックスに愛情を注ぐあまり、自分の人生を見失っているファロンのダメ男っぷり、思い当たるフシがある人は少なくないと思う。これは野球に限ったことではなく、サムライブルーの応援に入れ込んでいる人にも当てはまるのでは。自分の場合はミュージシャンかな。まあそれが何であれ、自分の人生が見えなくなってしまうのは困りモノ。小学生の男の子はファロンに言う。“先生はレッドソックスを愛している。でも彼らは同じように先生を愛してくれるの?" そんなダメ男でもギリギリまで愛してくれるドリューがイイ。まあ、“都合のいい女”に見えないこともないので、女性には反感を買うかもしれないけれど…。

 ファレリー兄弟の他の作品と同様、今回も多彩なロック・セレクトが嬉しい。オープニングタイトルは、STANDELLSの『DIRTY WATER』がグルーヴィーに鳴っていて快調そのもの。大リーグという題材ゆえか、J. GEILS BANDをはじめアメリカンロックが多くフィーチャーされていた。エンドクレジットの最後は、「メリーに首ったけ」の語り部役でおなじみのジョナサン・リッチマン。毛色の異なるところでは、『華麗なるギャツビー』を気取ったパーティーのシーンでHUMAN LEAGUE『FASCINATION』がかかっていた。

 ジャケはアメリカン・ガレージロックの基本、STANDELLSの『DIRTY WATER』を収めた1966年の同名アルバム。ストーンズの19回目の神経衰弱もやってます。

taco.taco. 2006/06/18 00:17 ニック・ホーンビィの作品に出てくる主人公は基本的に反省しないヤツらだよね。まあチームにでも音楽にでも強い愛のあるヤツは自分のパートナーにも同じ愛も持ってるもんだよ。時々比重が逆転するくらいで(笑)。あ、映画の話だよ。まだ見てないけど。

gakusgakus 2006/06/18 05:12 自分の若い頃を思い出させます、ホーンビィ作品は。20代のころに読んだり観たりしていたら、もう少しマシな人生おくってたいたかもなあ(苦笑)。