映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-07-17 ちょっとヒマネタ

gakus2006-07-17

 今月号のレコードコレクターズブライアン・ジョーンズ特集だった。読んでいると、やはりストーンズが聴きたくなってしまうもので、週末はずっと60年代のストーンズ漬け。で、聴いていて“そういえば…"と思い出したことがあり、映画「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」を観直した。

 ご存知のとおり、この映画ではストーンズの『SHE SMILED SWEETLY』と『RUBY TUESDDAY』が印象的に使われている。グウィネス・パルトロウルーク・ウィルソンが、ストーンズのアルバム『BETWEEN THE BUTTONS』を聴いているという設定。初めて観たとき違和感を覚えたのだが、その理由がわかった。

 この『BETWEEN THE BUTONS』は『RUBY TUESDAY』が収録されているのだから、まずイギリス盤ではない。舞台はアメリカだから、米国盤と考えるのが普通だろう。まずグウィネスはA面の4曲目にポータブルプレイヤーの針を置き、劇中では『SHE SMILED SWEETLY』がしっとりと響き渡るのだが、米盤のその位置に針を置いたら『CONNECTION』の賑やかなカントリー・ビートが鳴るはず。『SHE SMILED SWEETLY』は実際には5曲目。さらに不可解なのは、この曲が鳴ったままカットが切り替わると針の位置はなぜか2曲目の途中に移っている。そこは『YESTERDAY'S PAPER』なんだけど…。で、レコードは回り続けて3曲目の『RUBY TUESDAY』へといたる。まあ、これが3曲目に位置しているのは正しいのだが…。そうそう、このシーンはストーンズのこの2曲の効果もあって本来なら泣けるシーンなのだが、このディテールが気になって映画に集中できなかったんだよな…。

 まあ素晴らしい映画には違いないので、どうでもいいことなんですが…。ジャケはそのTHE ROLLING STONES、1967年のアルバム『BETWEEN THE BUTONS』。今月号レココレの『レコスケくん』で、このジャケのブライアンの半目への言及にがあり、電車の中で読んでいて思わず笑ってしまった。