映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-08-16 傷だらけのローラ

gakus2006-08-16

 39歳独身の女性大学職員が、15歳年下の恋に落ちる…という内容の「ルイーズに訪れた恋は…」(9月公開)。主演がローラ・リニー(「エミリー・ローズ」「イカとクジラ」)だから、ただのラブストーリーではあるまいと思っていたが、案の定クセのあるお話でした。

 ラブストーリーというよりは、ヒロインと彼女をとりまく男たちのお話という感が強く、恋のお相手となる画家志望の学生(「スパイターマン3」のトファー・グレイス)や、その夫(ガブリエル・バーン)、弟(ポール・ラッド)がうまい具合に絡んできて彼女の人生をかき乱す物語。とくにガブリエル・バーンの衝撃の告白シーンでは思わず吹き出してしまった。

 一応、女性の心理に寄り添う作品なので、音楽選びもソフトなアコースティック・サウンドが重視されていて、ハードなロックは聴けない(ただし、実家のローラ・リニーの部屋にRAMONESのポスターが若気の至りのように貼られてある)。まあ、それはそれでオッケー。オープニング、身支度をしているヒロインの姿に重なるAMBULANCE LTDの『STAY TUNED』がミドルテンポのフォークロック・チューンで、まず快調。さらに、ローラとトファーがデートするレストラン兼バーではYO LA TENGOの『OUR WAY TO FALL』が鳴っているなど、アメリカン・インディーズに目配せして選曲。マーサ・ウェインライトも何曲が使われているようで、女性ボーカルの繊細さが光るセレクトでありました。

 ジャケはAMBULANCE LTD、先述の『STAY TUNED』を収録した2004年のデビュー・アルバム『LP』。最近のNYのバンドの中では、個人的に光るものがあると思います。

ルイーズに訪れた恋は… [DVD]

ルイーズに訪れた恋は… [DVD]