映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-08-21 デ・パルマのいけず

gakus2006-08-21

 ブライアン・デ・パルマの新作「ブラック・ダリア」(10月公開)は、ジェイムズ・エルロイの同名小説に基づくミステリー。小説の元ネタはハリウッドで現実に起きた有名な“ブラック・ダリア惨殺事件”で、女優志願の娘が胴体を切断され、口を引き裂かれた死体の報道写真はあまりに有名。

 ジョシュ・ハートネットアーロン・エッカートふんする刑事コンビが、この事件を追ううちに妖しい世界に入り込んでいく…という原作にほぼ忠実なストーリー。しかし、事件の鍵を握る被害者(演じるは「エキゾチカ」のミア・カーシュナー)とよく似た美女役に、ヒラリー・スワンクというのは……ハッキリ言って似てません。というか、美女か!? それなりに美しいカーシュナーも死体のビジュアルとなるとさすがにグロい。こんな具合にデ・パルマの底意地の悪い(?)演出が随所に炸裂しまくっている。

 ジョシュ・ハートネットヒラリー・スワンクと出会うのはレズビアン・バー。このシーンではK.D.ラングがタキシード姿でバンドをバックに歌っているが、しばらく見ぬ間に妙に恰幅がよくなっていて、男装の麗人と呼びたくても呼べない歯がゆさが残る。これもデ・パルマの策か!? ちなみにラングが歌っているのはコール・ポーター作の『LOVE FOR SALE』。

 コール・ポーターのカバー集『RED HOT + BLUE』でこの曲をカバーしていたつながりで、ジャケはFINE YOUNG CANNIBALS、1989年のアルバム『THE RAW & THE COOKED』をのっけてみました。そういえば、このアルバムに収録されている大ヒット曲『SHE DRIVES ME CRAZY』はユマ・サーマン主演の新作「MY SUPER EX−GIRLFRIEND」のサントラ盤にも収められているが、ちゃんと劇中で使われているのだろうか。

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]

ブラック・ダリア コレクターズ・エディション 2枚組 [DVD]