映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-09-02 アダム・サンドラーの好きなバンド 2

gakus2006-09-02

 アダム・サンドラーはJ. GEILS BANDのファンに違いない。「もしも昨日が選べたら」で、バーのキス・シーンでアルバム『FREEZE FRAME』のTシャツを着ていたから。こんなもの、今どき買えないぞ。というか、ワシも欲しい…。

 「ウェディング・シンガー」ではめでたい席であるにも関わらず、フラレた勢いで『LOVE STINKS』を熱唱していた。“愛なんてサイテーだ!"などと歌われたら、そりゃ新郎新婦も迷惑だろうが、まるで自分の持ち歌のように気持ちよさそうに歌うサンドラー。もう、ファン確定である。

 しつこくてすみません。世代的に近いせいか、この人の映画には知っている曲が多く、ついつい思い出しては記さずにいられなくて…などと言い訳しつつ、ジャケはJ.ガイルズ・バンド、1980年のアルバム『LOVE STINKS』。