映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-09-26 出張中です

gakus2006-09-26

 「ユナイテッド93」「スネーク・フライト」を観てからは初めての飛行機搭乗だったけど、幸いテロリストにも毒ヘビにも襲われず無事LAに到着。機内では恐怖心に眠気が勝り、ほとんど寝てたのですが…。

 一本だけ機内で観た映画が、ロビン・ウィリアムズ主演のファミリー・コメディー「RV」。RVとはバス・サイズのキャンピング・カーみたいなもの。仕事漬けでハイティーンの娘やローティーンの息子に疎まれているウィリアムズふんする父親が、ハワイへの家族旅行を出張でオシャカにしてしまいそうになり、困ったあげくRVを借りる。で、旅行に連れていくと偽り、妻子連れで出張先へとRVを走らせるが…。ロビン・ウィリアムズのコメディー演技はずいぶん久しぶりに見たような気がする。それはともかく、出張が家族旅行と重ならなくてよかった…などと我が身に当てはめてみたり。

 この家族、人付きあいが苦手で、ジェフ・ダニエルズふんする現代のヒッピーのような、フレンドリーな家長とその家族の親切もうざったがる。そのうえ、家族間にも溝がある。象徴的だったのが、RVの中で妻も息子も娘も、それぞれイヤホンで違う音楽を聴いているところ。息子がそれに併せてヒップホップの曲を大声で歌いだし、負けじと妻はRONNY & THE DAYTONASの60'sヒット『G.T.O』を大声で歌い、娘がうるさいとばかりに自分の聴いていたRUNNAWAYS『CHERRYBOMB』(もちろんサビのHello daddy,hello mumのところ)を歌い出し、がなり合戦に発展。内向的な割には賑やかな家族である。

 ジャケはランナウェイズ、ティーンズ・レベル・ソングの定番『CHERRY BOMB』を収録した1976年のデビュー・アルバム。