映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-10-11 出張中

gakus2006-10-11

 飛行機の中で、ヴィンス・ヴォーンジェニファー・アニストン共演のラブコメディー「The Break-Up」を観た。これがなかなかオモシロいんだけど、キャストの吸引力とロマンチックな魅力に欠けるぶん、日本ではビデオスルーの可能性大。

 どこがオモシロいかというと、恋愛気分が高まるのは最初のオープニングタイトルまでで以後は破局一直線という、ラブストーリーには極めて珍しい展開。ふたりのマイホームまで購入したものの、ヴィンスは仕事を終えて家に帰ってもゲームばかりやっていて、思いやりゼロ。そんな彼の愛情を試そうと、ジェニファーは嫉妬心をあおるために浮気を匂わせたりするのだが、噛みあわず…。ヴィンスのダメ男っぷりが見事というかリアルというか。この主人公は兄や弟と、シカゴの観光案内会社を経営している。ちなみに兄役に「フルメタル・ジャケット」の発狂兵士役でおなじみのヴィセント・ドノフリオ、弟に「ハイアー・ラーニング」のネオナチ学生、「地獄の変異」で人間以外のモノに寄生されるダイバーを演じたコール・ハウザーという布陣で、コメディ俳優開眼前のヴィンス・ヴォーンフィルモグラフィーを考慮すると、サイコなDNAに一貫性を感じる絶妙のキャスティングというべきでしょう。

 それはさておき、映画の後半で、ジェニファーはヴィンスとコンサートに行く約束をする。コンサートの主役はOLD 97'Sで、実際に彼らのライブ・シーンも挿入され3曲ほど劇中で聴ける。コンサートのオープニングは『TIMEBOMB』。このライブ・シーン、個人的にはもっとじっくり見せて欲しかったんだけど、映画の流れ的にはシリアスなシーンなのでそうもいかず。ライブの熱気とは相反する、物語面の哀愁が印象深いシーンでした。

 ジャケは、その『TIMEBOMB』を収録した1997年のアルバム『TOO FAR TO CARE』。この曲は奇しくもヴィンス・ヴォーン主演の「ムーンライト・ドライヴ」のオープニングでもガーンとかかっていて、“何だ、このかっこいい曲は?”と思い鑑賞直後にCDを買いに行ったことを思い出した。

追記

 『THE BREAK UP』は『ハニーvs.ダーリン 2年目の駆け引き』の邦題でDVDリリース。