映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-11-08 このバカ映画を埋もれさすな!その2

gakus2006-11-08

 今年の春「トランスポーター2」の宣伝で来日したジェイソン・ステイサムが“スゲー映画だ”と豪語していた次回作「CRANK」。秋口に全米で公開されるや案の定ナンバーワン・ヒットとなり、町山智浩氏のポッドキャストでも紹介されていたんだけど、これまた日本公開のウワサは聞こえてこない。いやはや、確かに“スゲー映画”でした。

「CRANK」はアクション映画で、ジェイソン・ステイサムふんするは犯罪組織の一員。そんな彼が組織を裏切ったことから制裁を加えられ、ある薬品を注入される。この薬は、体からアドレナリンを放出しないと胸が苦しくなって心臓を停止させてしまうというシロモノ。かくして四六時中心拍数を上げていないといけなくなったステイサムは、スピード違反やコカイン吸引、コンビニ強盗などなど、興奮を催すことをやり続ける。昔の青春ドラマみたいにウォー!と雄たけびをあげながら全力疾走したり、ヘビメタに合わせて無理矢理ヘッドバンギングしたり、トースターで手の手のひらを焼いてみたり、恋人とチャイナタウンのど真ん中でのセックスしたりと、胸の痛みから逃れるためなら何でもやる。

 ハイテンションの映画であることは、ぶっといギターリフと“RASIE YOUR HAAAAAND!"のコーラスが勇ましいオープニング曲のQUIET RIOT『METAL HEALTH』がバカ宣言のように鳴り響くことからも明らか。とにかく劇中ではこれらのヘビメタとパンクがガンガン、かかりまくる。ほとんど知らない曲でしたが…。そんな中で異彩を放っているのが、NILSSONのヒット曲『EVERYBODY'S TALKIN'』の爽やかなアコースティック・サウンド。これは逆説的な起用で、警官のバイクを奪ったステイサムが座席に立ち上がって曲乗りする(もちろん胸の痛みから逃れるため)シーンにトボケた味を加えている。そして案の定、この後ドリフのギャグのようにジェイソンはカフェに突っ込む。ジャケは、この『EVERYBODY'S TALKIN'』を収録した1971年のアルバム『REAL PANDEMONIUM BALLET』。



追記

ムービーアイ・エンターテインメントの配給で2007年日本公開。邦題『アドレナリン』。

http://www.movie-eye.com/lineup/2006/07/crank.html

アドレナリン [DVD]

アドレナリン [DVD]

muramura 2006/11/09 10:53 この映画、観たい!そんなにアドレナリンばっか出してると「ダークマン」になれるのでは、と懐かしいことを思い出しました。

gakusgakus 2006/11/09 19:34 「ダークマン」、あれもそうでしたね! しかしあの方の場合、人間が出せる量を超えていました。「CRANK」は本当に、一刻も速く日本公開していただきたいものです。

テルジテルジ 2007/02/23 15:44 「Crank」のホームページのビデオクリップで最後の方に流れている音楽はなんていう曲ですか?この映画以外にも、いろんな番組やCMで流れていませんでしたっけ?

gakusgakus 2007/02/23 22:53 FATBOY SLIM『RIGHT HERE, RIGHT NOW』のことでしょうか? ビデオクリップがトレーラーを指すのであれば、この曲ではないかと思います。我が家にはTVがないので他に使われているかどうか何とも言い難いですが、ヒット曲なので使い勝手はありそうですね。