映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-11-14 このバカ映画を埋もれさすな!その4

gakus2006-11-14

 ケビン・スミスのデビュー作「クラークス」は大好きな映画で、コンビニ店員のだらけた日常がリアルかつユーモラスに描かれ、見た当時はとても他人事と思えんなあ…と感じたものだった。あれから10年以上が経ち、今年スミスは「CLERKS 2」を完成させた。すでに全米では公開済みなんだけど、これまた日本公開のメドが立っていないようで歯がゆい。

 あれから12年が過ぎ、ある日突然コンビニが火事で焼け落ちてしまい、職を失った主人公ダンテは相棒のランドールと一緒にハンバーガー屋で働きだす。コンビニの前でハッパを売ってたジェイ&サイレント・ボブもなぜか付いてきて、この店の前で相変わらずダラダラしている。職場が変わったとはいえダンテ&ランドールのコンビも相変わらずで大人になりきれていない様子。ダンテは婚約者がいるものの、女店長(ロザリオ・ドーソン。ここでも最高)と一度エッチして事をややこしくし、ランドールも理屈っぽい性格はそのままで、「ロード・オブ・ザ・リング」よりも「スター・ウォーズ」が偉いことを延々とまくしたて、人種差別用語についての議論の際にもムキになって反論してくる。ジェイとサイレント・ボブも相変わらずで、ヒマつぶしに「羊たちの沈黙」のバッファロー・ビルごっこをやってたり(これはトレーラーでも見られるけど笑えます)。人間の習性はそう大きくは変わらんものなんだけど、少しずつでも進歩があることにホッとさせる、これまたいい映画なんだけどなあ。

 音楽の点ではいちばん印象的なのは、ボブのラジカセから流れるJACKSON 5の『ABC』に併せて、ダンテとヒロイン、ロザリオ・ドーソンが店の屋上で踊っているシーン。店内で仕事しているバイト君も踊り出したりして、ちょっとしたミュージカル仕立て。よどんだ日常の中の、ささやかな祝祭性がキラキラしてみえるいいシーンでした。他では、ある事実が発覚してショックを受けたダンテがドーソンを追いかけるシーンでフィーチャーされるSMASHING PUMPKINSの『1979』がイイ味。エンドクレジットでフィーチャーされるSOUL ASYLUM『MISERY』も気持ちよく響いています。

 ジャケはTALKING HEADS、1988年のシングル『(NOTHING BUT)FLOWERS』。この曲はオープニング・クレジットでのフィーチャーで、消失したコンビニを捨てて新天地を目指し、車を走らせるふたりのドライブ風景にかぶさる。ラテンのリズムがのどかな空気を醸し出しています。