映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2006-11-17 GO GO激流

gakus2006-11-17

 今日もCGアニメを。アードマン製のキャラクターデザインをドリームワークスのCGで動かした「マウス・タウン/ロディとリタの大冒険」(3月公開)について改めてふれようか、と。

 ペットのネズミ、ロディがひょんなことからトイレに流され、地下のネズミの国へ行き、下水を船で旅しているメスのネズミ、リタと冒険を繰り広げるというお話。つながりが巧みでアップテンポの映像、温室育ちのロディと気の強いリタとのユーモラスなやりとり、その他のキャラの個性など見どころは多い。舞台がロンドンなので英国の俳優がボイス・キャストに起用されており、主役のヒュー・ジャックマンはオーストラリア出身だからともかく、ケイト・ウィンスレットビル・ナイイアン・マッケランなどが出演。あ、ジャックマンとマッケランは「X−MEN」でも敵同士だったが、ここでもぶつかり合ってます。

 以前も記したとおり、オープニングはビリー・アイドルの『DANCING WITH MYSELF』。「オープン・シーズン」もそうだったが、冒頭に80’sヒットを使うのは、子供を連れて見に来た親を狙ってのセレクトという感じがします。しかし、懐メロばかりじゃなくて近年の元気のいい曲も多く、ロディが水洗トイレに流されるシーンではJET『ARE YOU GONNA BE MY GIRL』、カエルの刺客に追われるボート・チェイスのシーンではDANDY WARHOLSの『BOHEMIAN LIKE YOU』が威勢よく流れてきて、激流のスピード感を煽る。

 あと、劇中でトム・ジョーンズに間違えられたロディがその歌を歌ったり、ナメクジのコーラス隊がチョコチョコ出てきて合いの手を入れたりなど、音楽的ギャグも妙味。

 ジャケはDANDY WARHOLSの『BOHEMIAN LIKE YOU』を収めた2000年のアルバム。『THIRTEEN TALES FROM URBAN BOHEMIA』。この曲、『JUMPIN’ JACK FALSH』のアレンジで『BROWN SUGAR』をやっているように聴こえるのは私だけでしょうか…。