映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-01-30 またリングに!?

gakus2007-01-30

 と思っていたシルベスター・スタローン監督・主演、26年ぷりのシリーズ最新作『ロッキー・ザ・ファイナル』(4月公開)。いや、これが意外にもよくできていて驚いた。お話は、引退して過去の人となり、妻と死別、成長した息子と離れて暮らすロッキーが、孤独の中で再びボクシングに向かっていくというもの。現ヘビー級チャンピオンと現役時代のロッキーが闘ったら、どっちが勝つかをコンピューターでシュミレーションしたTV番組が話題を呼んで、これに目をつけたプロモーターが、ロッキーをチャンピオンとのエキジビジョン・マッチでリングに上がらせようとし、ロッキーもこれを受け入れる。基本的には一作目のオマージュ的な描写が多く、ロッキーも何かと過去を振り返ってばかりいるのだが、そんな老化に立ち向かうガッツこそが主題であり、最近年齢を実感しつつある自分にはグッとくる描写が多々あった。若い人には向かないかもしれないけれど。

 若い人といえば、ロッキーと息子の葛藤と和解もストーリー上の重要なポイント。この息子は父親が有名人であるのに対して、自分の普通さにいらだちを隠せず、今またリングに上がろうとする父に“いい年して、笑い者になる気か!”と反発する。このエピソードも、あとあとグッとくるんですが…。それはともかく、世代間の断絶は音楽にも現われているんじゃないかな、と思える部分もあり。ロッキーはカーオーディオでオールディーズ風の古めかしい曲をかけていて、ボリュームを上げすぎていないかと気にしたりしている。対して息子は勤め先の同僚たちと例のCGシュミレーション番組が放映されたとき、バーにいるのだが、そこでガンガン流れているのがTHE KILLERS『SOMEBODY TOLD ME』。イマドキのロック、ですな。

 ジャケは、その『SOMEBODY TOLD ME』。2004年リリースのシングル。