映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-02-09 カレンの邪魔をするな

gakus2007-02-09

 と、のたまうニコラス・ケイジ。マーヴェルコミックの原作によるアクション『ゴーストライダー』(3月公開)のお話です。

 ニコラス・ケイジがふんするのは、父親を救うために悪魔に魂を売り渡したスタント・ショーの人気ライダー。悪魔の息子の陰謀を阻止する命を受けた彼は、炎に包まれたドクロ顔に変身し、これまた炎を発する愛車を駆って奔走する…という、いかにも漫画的でテンポのよい一作。ケイジもポーズをキメたり、オーバーアクションだったりと、ヒーローでありながらも久々にトボケた雰囲気で妙味を発揮しており、個人的には嬉しいかぎり。ホント、こういうの大好きです。

 『ワイルド・アット・ハート』ではプレスリーを気取り、『60セカンズ』では犯行前にWARの『LOW RIDER』を聴く儀式を行なったりと、ニコラス・ケイジのオトボケ・キャラを強調する音楽ネタは多いが、今回はカーペンターズの『SUPERSTAR』が頻繁にフィーチャーされる。この曲、主人公の楽屋やガレージで頻繁にかかっていて、そんな時に仲間のエンジニアが話しかけてきたりすると、ケイジは表題のセリフを真顔で吐くのである。曲の大げさ感といいい、SUPERSTARというタイトルといい、いい感じにユルみます。

 ジャケは、この曲をはじめヒット曲テンコ盛りのCARPENTERS『SINGLES』。