映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-02-22 パリス、ユルユル

gakus2007-02-22

 パリス・ヒルトン主演で、アメリカではビデオスルーだった青春コメディー『PLEDGE THIS!』が『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』なるタイトルで4月に劇場公開される。ナショナル・ランプーンが絡んでおり、ドラマとしては女子版『アニマル・ハウス』というべきで、セレブきどりのお高くとまった大学サークルの女子軍団に寮を追い出された新入生たちが逆襲するという、そのまんまのストーリーなのだが、本家と比べるとコレがユルユル。お色気シーンと下ネタのギャグが、やたらとあるのは買いだが。ちなみにパリスは、ここでは当然、憎まれ役の方です。

 その冒頭に流れるのが→BLONDIE『DREAMIN'』。ポップアート風のオープニングタイトルに、この曲が勢いよく重なって、期待しちゃったんだけどねえ…。ジャケは1979年リリースの国内盤7インチ。

ギフト・パック TOCP-70423-24 (DVD付)

ギフト・パック TOCP-70423-24 (DVD付)

プリティ・ライフ~パリス・ヒルトンの学園天国~ [DVD]

プリティ・ライフ~パリス・ヒルトンの学園天国~ [DVD]