映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-03-06 メイジャー・トムの気分

gakus2007-03-06

 ダニー・ボイル監督と作家・脚本家のアレックス・ガーランドが、『ザ・ビーチ』『28日後…』に続いて3度目のタッグを組んだSFスリラー『サンシャイン2057』(4月公開)のお話。

 太陽の消滅が秒読み段階となり、地球存亡の危機に瀕した西暦2057年、人類は太陽に最大級の核爆弾を打ちこむという最後の賭けに挑み、8人のエキスパートを宇宙に送り込んだ。が、宇宙船内の、その8人(演じるはキリアン・マーフィ、ミッシェル・ヨー、クリス・エバンス、真田広之等、国際的キャスティング)は次々と危機に見舞われ、任務は危険を帯びてゆく…。ミスを犯してパニックに陥る者もいれば、太陽の美しさに心を奪われて視覚的ジャンキーになりかける者もいて、物語は内省の部分にも切り込んでくる。太陽や宇宙といった、とてつもなくデカいものに比べたら、人間の小さいこと。こうなると、もし自分が乗務員なら『SPACE ODITY』じゃないけれど、“出来ることは何もない。滅んじゃえ"という気持ちになってしまうので、とてもこの任務には就けそうもない。

 そんな気持ちを後押しするかのように、エンドクレジットで流れるI AM KLOOTの『AVENUE OF HOPE』。

 No-one's born, and no-one dies, no-one lives, so no-one cries and we wait to see just what we will become

 あー、無気力の極地。生きる気力とか、ガッツとか、そういものを著しくそがれてしまいます。

 というわけで、ジャケはI AM KLOOT、この曲を収めた2005年のアルバム『GODS AND MONSTERS』。