映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-04-10 ’68はグロの年

gakus2007-04-10

 『ダーティハリー』の殺人犯のモデルとなり、60年代末以降、サンフランシスコを震撼させた謎の殺人鬼、通称ゾディアック。この未解決事件のシリアルキラーをめぐる刑事や記者たちの人間模様を描いた『ゾディアック』が、6月に日本公開される。監督は『ファイト・クラブ』のデビッド・フィンチャー…だからといって『セブン』のような猟奇全開の映画ではない。

 この殺人鬼の特異なところは、脅迫状や手紙、暗号を送り続け、メディアを通して自身をアピールしたこと。そんなさまざまなアイテムを解読することに取り付かれ、翻弄され、破滅へと向かう記者や刑事たちの狂気的な執心が、この映画の肝となる。テイスト的には、ユーモアを抜いた『殺人の追憶』のような感じ。

 オープニングはTHREE DOG NIGHT『EASY TO BE HARD』。続いて(劇中では)最初の犠牲者となる女の子のカーラジオから流れるDONVAN『HURDY GURDY MAN』で、60年代末の空気を濃厚に搾り出す。ちなみに『HURDY GURDY MAN』はエンドクレジットで再登場。愛の歌を歌うというハーディ・ガーディ・マンだが、ここではそんな歌詞も皮肉に響く。

 『HURDY GURDY MAN』は最近『ボビー』でも耳にしたが、この映画で描かれたロバート・ケネディが殺されたのは1968年。そしてゾディアックが最初に殺人を犯したのも同年。ついでにキング牧師が暗殺されたのもこの年。いびつな年だったんだな、と改めて思う。

 どうでもいいけど、この翌年ROLLING STONESはボストン絞殺魔を題材にした『MIDNIGHT RAMBLER』をレコーディングする。見ていて時代的に、この曲が連想されたのだが、劇中で指摘されるゾディアックの誕生日は寄寓にもキース・リチャーズと同じ日だった。

話を音楽に戻すが、劇中ではこの他、シスコ出身のSLY & THE FAMILY STONE『HIGHER』がバーで流れていたり、MARVIN GAYE『INNERCITY BLUES』が70年代の時間の経過とともにフィーチャーされるなど、時代性をうかがわせるセレクト。

ジャケはやっぱりDONOVANかな、ということで、以前載せた名盤『HURDY GURDY MAN』ではなく、ここでは1969年リリースのベスト盤を。

ゾディアック 特別版 [DVD]

ゾディアック 特別版 [DVD]