映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-04-13 くだらねー

gakus2007-04-13

 大ヒット作のパロディーの連続だけで一本の映画にしてしまった『鉄板英雄伝説』(原題:EPIC MOVIE)が6月に公開される。『最終絶叫計画4』さえビデオスルーになってしまうご時勢、配給会社の英断に拍手。

 ルーブル美術館で白塗りの怪人に追いかけられた白人の女の子と、毒蛇旅客機から生き延びた黒人の女の子、メキシコの孤児院でプロレスラーに憧れるラテン系青年と、ミュータントのの落ちこぼれである白人の若者。そんな4人の孤児が、チョコレートの包みからゴールデンチケットを引き当てて工場見学に臨むのだが、チョコの材料にされそうになり、必至に逃げ回ったあげくクローゼットに隠れたら、その奥には雪景色が広がっていて…。どれが何のパロディーかは映画好きの方なら想像がつくはず。ちなみにここまでで、まだ物語のさわり程度。この後もパロディーがガンガン飛び出す。マジでくだらないので酒でも引っ掛け、仲間とワイワイワ見に行くのが吉。

 ラップに合わせてやたらと踊るシーンがあるんだけど、たぶんコレもヒップホップ系の人たちのパロディーなんだろうなあ。よくわからんが。オールドスクールな自分に判別できたのはFOREIGNERの『WAITING FOR A GIRL LIKE YOU』ぐらいで、白い魔女かぜスローモーションで登場するシーンで流れる。この魔女、ティルダ・スウィントン以上の老け顔で、全然ガールには見えない。というわけで、この曲を収めた1981年のアルバム『4』。当時ガンガン売れてたが、今思うと流行ってたのが不思議な気がする。