映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-05-05 踊るスパイディ

gakus2007-05-05

 昨日ブルース・キャンベルについてふれたけど、それで思い出したのが『スパイダーマン3』。GW進行の波に押し流され、この映画について書くことをすっかり忘れておりました…。

 ストーリーについてはここではふれないが、前作でバート・バカラックを使ったファニーなオールド・スタイルの選曲は健在。というかやり過ぎでは…。チャビー・チェッカーの『THE TWIST』に合わせてMJとハリーがキッチンでツイストを踊るシーンは、笑っていいのやら。さらに、ダークサイドに支配されたピーターがJAMES BROWN『PEOPLE GET UP AND DRIVE YOUR FUNKY SOUL』に乗って闊歩するシーンは、なんか気まずかったなあ。トビー。マグワイア、リズム感なさすぎ。実はこの曲、あまり聴きこんでなかったので最初に見たときはJBとは気づず、人から指摘されて知ったんだけど、このビジュアルと一緒では気づかないのもやむなし…と自己弁護。まあ、こんなハズシ方によるユーモアが、このシリーズの持ち味でもあるんだけど。

 で、YOU TUBEでこのシーンのトビーのダンス下手を証明する映像を発見↓。これはリハーサル映像でしょうか。

  D

 一方、例によってロック最前線から集められたインスパイア盤からは、ほとんど認識できる曲はナシ。申し訳程度にエンドクレジットで、SNOW PATROLTHE KILLERSJETが立て続けにかかる程度でした。これで若い層にアピールできるのか!?

 個人的には、やはり泣けた、この映画。ピーターのアパートの大家の娘、やっぱいい娘じゃん!…と思ったのは自分だけではないようで、ここ2、3日“スパイダーマン"“大家の娘"の検索語でこのブログにやってくる方が結構いらっしゃいます。

 ジャケはJB『Slaughter's Big Rip-Off』、1973年リリースの同名映画のサントラ。トビーを踊らす『PEOPLE GET UP AND DRIVE YOUR FUNKY SOUL』はこのアルバムに収録。

muramura 2007/05/05 22:39 アースラ、最高!!!クッキー焼いて欲しい、お願いだから!

gakusgakus 2007/05/06 02:32 いや、まったくです! しばらくヘッダに画像貼っておきます。

muramura 2007/05/06 18:39 ダイジェスト映像観たら、「2」ではチョコレートケーキ&コップ一杯のミルクを振舞ってましたね。『主人公は僕だった』のマギー・ギレンホールとまとめて、現在を代表する2大お菓子ガールズに認定したいです。

gakusgakus 2007/05/07 00:06 お菓子ガールズ(笑)。でも確かに、男の中には菓子作りをする女の子に対して、妙な妄想があるかもしれません。男ってチョロいですな。