映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-05-25 ご覧の映像はイメージです

gakus2007-05-25

 またまた音楽ドキュメンタリーの話。『カート・コバーン/アバウト・ア・サン』(8月公開)は、カートのインタビューから、生い立ちや実像を探る一編。カートのバイオ本「病んだ魂」の著者マイケル・アゼラットが、執筆のために取り貯めたインダヒュー・テープの音声で構成されている。アゼラットはマスコミ嫌いだった生前のカートが信頼を置いていた、数少ないジャーナリストのひとり。そのせいか、インタビューのカートはやけに饒舌。“音楽をやるからにはスターになりたい”“有名になどなりたくない”などと、矛盾する内容のことも赤裸々に話しているのは面白い。いずれにしても、生前の“素”のカートの肉声が聞けるという点だけで、貴重ではある。

 が、映像がほとんどイメージであるというのが弱点で、ニルヴァーナのステージの映像でも出してくれればよかったものの、ギグ時のスチールや、カートが暮らしたアバディーン、オリンピア、シアトルなどの街の風景がとらえられる程度で、ビジュアル的なインパクトは弱い。それと、ここでもニルヴァーナのナンバーは一曲も使われておらず、ボウイ「世界を売った男」やVASELINES「SON OF A GUN」などのファンにはなじみの深いカートの愛聴曲がフィーチャーされているだけというのも、ちょっと厳しいか。一応、コートニー・ラブはテープの公開を公認したというが、それ以上の素材を使わせなかったのはどういうわけか。そのコートニーのテープ中の声も聴けるのだが…。

 面白かったのは、図らずもテープに収められてしまった音楽で、“パンクは、ありきたりのロックより直接的に俺に語りかけてきた”と語る際のカートの声のバックで、BRUCE SPRINGSTEENの「BADLANDS」が鳴っていたこと。どこかのお店のBGMっぽいんだけど、見事な偶然というか演出というか…。

 ジャケはNIRVANAのアメリカでのレーベルメイト、TEENAGE FANCLUB、1992年リリースのシングル『STAR SIGN』。シアトルの街並みが早送りで映し出されるシーンでドカーンと鳴っていた。

taco.taco. 2007/05/28 09:45 ニルヴァーナは結局活動期間が短かかったから、映像や写真等の素材がホント少ないんだって。おまけに故人だから権利関係厳しいでしょうしね。少ない素材を大きく膨らませるのが監督の腕の見せどころでしょうか。ライターさんもそうか(笑)。

gakusgakus 2007/05/29 04:23 そういわれればそうですが(苦笑)。しかし、これならCD、DVDとか、他のメディアでもいいのではないか、という気もするんだよなあ…。