映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-07-04 いかがわしさ濃厚

gakus2007-07-04

 クエンティン・タランティーノロバート・ロドリゲスエクスプロイテーション・ムービー2本立てを意識して共作した『グラインド・ハウス』。全米ではタラ編とロドリゲス編を2本併せて公開したが、アメリカ以外の国では別々に公開になるとか。日本でも、先にタランティーノ編『デス・プルーフ』、続いてロドリゲス編『プラネット・テラー』が公開されます。で、今日は先発の『デス・プルーフinグラインド・ハウス』の話。

 “スラッシャー映画を目指した"というタランティーノの言葉も納得がいくものの、そんな単純なものではなく、ここでの殺人鬼の手段は車。カート・ラッセルふんするカー・スタントマンが殺人鬼で、この男、車で轢くのではなく、助手席に乗せてメチャクチャな運転をして、相手を血まみれにさせてしまう。さらに、スラッシャー的要素は前半だけで、後半はひと言で言うとファスター・プッシーキャットがバニシング・ポイントしてしまう、破綻を恐れぬ豪快な展開。これでは意味がわからないかもしれないけれど、察してくだされば幸いです。

 で、音楽ネタは豊富すぎて、まずどれを取り上げていいものやら、という感じなんだけど、一番ビックリしたのは、前半の殺戮が終わって舞台が14か月後のテモシー州に変わり(この時映像が急にモノクロになる)、カートのカーラジオから流れてきたWILLY DE VILLE「IT'S SO EASY」。これは監督ウィリアム・フリードキンアル・パチーノ主演の1980年の映画『クルージング』に提供された、ムチャクチャかっこいいロガビリー・パンク風のナンバー。『クルージング』はパチーノふんする警官が殺人事件を追ってハードゲイのクラブに潜入して、ゲイのフリをしているうちに…という風俗サスペンス。今じゃあ子供でさえハードゲイという言葉をサラッと言ってるけれど、当時田舎の中学生だった自分には刺激が強すぎた覚えがある。フリードキン作品で言うなら『エクソシスト』以上だったかも。なので、この曲が流れた瞬間トラウマ・スイッチがオンになってしまい、ただでさえいかがわしい映画が余計にそう思えた。

 ジャケはとりあえず、この曲を収めた『クルージング』のサントラ盤。このアルバムは発売当時、LAパンクの伝説、GERMSの未発表曲が入っていたことからソコソコ話題になった。GERMSのその曲は、彼らのアンソロジー盤に収録されているけれど、このサントラはサントラでCD化してほしい。ついでに『クルージング』もDVD化してほしいぞ。

 ちなみに、4月8日のエントリーでふれたAPRIL MARCH『CHICK HABIT』はエンドクレジットでのフィーチャー。曲が短すぎたのか、途中でフランス語バージョンを繋いでいる。