映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-07-24 ウンザリしません

gakus2007-07-24

 4月に全米公開されるや3週連続ナンバーワンという予想外のヒットを飛ばしたスリラー『ディスタービア』。『トランスフォーマー』でこの夏注目を集めそうなシャイア・ラブーフ主演とあって、その余勢を駆ってか、11月の日本公開が決定。

 物語は、教師を殴って自宅謹慎を命じられたシャイアふんする高校生が、退屈しのぎに隣近所の覗きをするうちに、隣家の独身中年男(デビッド・モース)が実は殺人鬼なのではないかと疑い始め、友人たちと張り込みを続けるうちに、恐ろしい体験をしてしまう…というもの。『トランスフォーマー』もそうだが、シャイア・ラブーフはユーモラスなテイストを織り込んで、今どきの高校生を演じており、前半は何だか青春映画を見ているよう。特に、反対隣に越してきたセクシーな女の子(ビキニ姿あり)との交流のエピソードなんかは、ほとんどコメディーである。それと久々に見たデビッド・モースが、なかなか不気味で妙味。

 シャイアは自宅敷地内から出られぬよう、センサー付きの足環を付けることを義務づけられていて、エリア外に出るとセンサーが鳴り、すぐに警官が飛んでくる。で、シャイアは、自宅の庭にセンサー探知内の境界線にロープを張るのだが、そのシーンで流れてくる曲がKINGS OF LEON『TAPER JEAN GIRL』。そのままシャイアが、隣家の女の子を覗いているシーンとなるが、“彼は監視人に味見されている"という詞は、この場合“彼"とも“彼女"ともとれそう。ちなみにこの曲、エンドクレジットで再び流れる。

 “先の細いジーンズをはいた女にはウンザリ”という曲ではあるが、この映画のヒロイン、サラ・ローマーなら許す。なんたって、“心の巨匠”デビッド・R・エリス(『スネーク・フライト』)の次回作『ASYLUM』のヒロインだ。

 で、ジャケは2005年リリース、KINGS OF LEONのシングル『KING OF THE RODEO』。『TAPER JEAN GIRL』のライブ・バージョンがカップリング曲として収められている。スタジオ・バージョンはアルバム『AHA SHAKE HEARTBREAK』に収録。