映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-08-14 真のトリビュート

gakus2007-08-14

 2004年9月12日、ジョニー・ラモーンが世を去る3日前にLAで行なわれた、RAMONESの生誕30周年(そして前立腺ガンと闘病中のジョニーへの激励の意味も含む)トリビュート・コンサート。その模様を中心に、出演者や関係者のイタンビューを織り込んだドキュメンタリー『TOO TOUGH TO DIE』が9月に日本公開される。

 ステージに上がったのはTHE DICKIES、Xのベテラン勢にRED HOT CHILI PEPPERS、CJ・ラモーンとマーキー・ラモーンをバックに従えたPETE YORNやMIGHTY MIGHTY BOSSTONESのメンバー、TIM ARMSTRONG(RANCID)、EDDIE VEDDER(PEARL JAM)、HENRY ROLLINS等々。エンドクレジットではJOAN JETT等のラモーンズ・カバーも聴ける。

 正直、ステージに立っている多くの(特に、90年代以降の)バンドには思い入れが薄いんだけど、それでも鳥肌が立つ瞬間は何度かあって、ティム・アームストロングとBAD ELIGIONのブレット・ガーヴィッツ、CJが3人並んで“CRETINS HOP”の“1-2-3-4 Cretins wanna hop〜”とサビの部分をシャウトするところや、エディ・ヴェダーが珍しくはっちやけてる“SHEENA IS A PUNK ROCKER"、ヘンリー・ロリンズが気張って歌う“JUDY IS PUNK"にはシビレた。皆ラモーンズが大好きあることが、このステージだけでも十分伝わってくる。“I WANNA BE SEDATED"など3曲を披露したレッチリのアンソニーなんて、歌声までジョーイにソックリ。

 インタビュー・フッテージも泣かせるものが多く、色々書きたいことがあるのだが、ここではふたつだけ、つい頷いてしまったものを。ひとつはレッチリのギタリスト、ジョン・フルシアンテの言葉。“ラモーンズは俺にとっては実在の人間というより、アニメのキャラクター。一緒に遊びに出かけても、同じ人間と思えないんだよ"。もうひとつ、つい吹き出したMIGHTY MIGHTY〜のボーカル、ディッキー・バレットがこのコンサートに出演した理由を尋ねられたときの返答。“断れないだろ。だって…ラモーンズの命令だぞ! 「飛べ!」と言われたら飛ぶしかないじゃないか"……とにかく発言にもラモーンズ愛があふれていた。最近は売名的だったり、実験的だったりするトリビュートも多いけど、こういうのを正しいトリビュートと呼ぶのではないか。

 ジャケはTHE DICKIES、最高にパンキッシュな1979年のアルバム『THE INCREDIBLE SHRINKING DICKIES』。この映画ではラモーンズ・カバー“TODAY YOUR LOVE, TOMORROW THE WORLD"とともに、このアルバムから“YOU DRIVE ME APE"を披露。同じくLA PUNK勢のXもカバーだけでなく自分たちのオリジナル曲をやっていたけれど、こういう場でそれが許されるのはラモーンズと(ほぼ)同期だからか。とにかく、オリジナル・パンク好きには、これも嬉しい。

追記

 この映画ではラモーンズのライブ・フッテージはちょこっとしか見られなくて、そこが残念ではあるのだが、なんと↓こんなDVDのリリースが決定。快挙!自分は速攻で予約しちゃいました。

イッツ・アライヴ 1974-1996 [DVD]

イッツ・アライヴ 1974-1996 [DVD]