映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-08-26 新世代スクリーム・クイーン!?

gakus2007-08-26

 最近気になっている女優のひとりがアグネス・ブルックナーさん。日本で劇場公開されている出演作には『完全犯罪クラブ』『ヘイヴン/堕ちた偶像』があるが、それらよりも個人的にはスクリーム・クイーンとしてのイメージが強く、日本ではビデオスルーだった『ヴェノム/毒蛇男の恐怖』や『怨霊の森』(5月4のエントリー参照)といったホラーで主演を務めているので、そのスジのファンにはわかってもらえるはず。

 そん彼女の現時点での新作が『BLOOD & CHOCOLATE』。全米では今年1月に劇場公開されたが、案の定、日本ではリリースのメドが立っていない模様。これは人狼ホラーで、ルーマニアのブカレストを舞台に、アグネスふんする狼人間一族の娘が人間(米国人グラフィック・ノベル作家という設定)と恋に落ちてしまったため、一族を裏切り、恋人を守ろうとするストーリー(狼人間の族長を演じるのは『S.W.A.T.』のオリヴィエ・マルティネス)。正直なところ、唐突な恋の芽生えや人狼界のルール面での設定の甘さなどツッコミどころもあるのだが、テンポよく見れてしまうのがイイ。何より、アグネスがアクション・ヒロインになりきっていたり、セミネードまで披露していたりするのが個人的には高ポイント。劇場公開しろとはいわないが、せめてビデオスルーぐらいにはなってくれんかな…。

 劇中、ヒロインと恋のお相手がブカレストの街でデートするシーンで、どういうワケかHARD-FIの“CASH MACHINE"がかかる。金欠病に怨み節をぶつける、ロマンチックでもなんでもないこの曲が選ばれたのは、まったくもって腑に落ちないんだけど、こういうハズしっぷりも含めて憎めない映画。

 ジャケはHARD-FI“CASH MACHINE"の1stイシュー・シングル、2005年リリース。HARD-FIは来月、いよいよ2ndアルバムがリリースされる。

ちなみに↓こちらがアグネス嬢

 f:id:gakus:20070828015451j:image:left

*追記

『ブラッドウルフ』の邦題でDVDリリース。

ブラッドウルフ [DVD]

ブラッドウルフ [DVD]