映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-09-07 余計だった章

gakus2007-09-07

 昨日に続いてジョン・レノン関連作を。やはり12月に公開される『チャプター27』は、ジョン・レノンを殺害したマーク・チャップマンの、犯行におよぶまでの3日間に迫ったドラマ。ジャレッド・レトが30キロも体重を増やしてチャプマンを演じている。

 ジョン・レノンを殺害するためにハワイからニューヨークへやってきたチャップマンは、もともとはビートルズの大ファンで、ジョンの曲は自分のことを歌っていると思ったほど。しかし、一方で小説『ライ麦畑でつかまえて』に心酔し、その主人公を気取って、“IMAGINE”を歌いながらも豪勢な暮らしをおくっているジョンを“インチキ"と決めつけている。愛と憎悪の狭間で揺れ続ける3日間。この映画は、まさにその一点のみにフォーカスしており、異様な緊張感が全編にみなぎっている。ある意味サイコスリラー。

 ちなみにタイトルは『ライ麦畑でつかまえて』の全26章の、さらに続きという意味。自分は学生のころこの小説を読み、ほとんど何も感慨を受けなかったのだが、まあ、それは置いておくとして、確かこの話も主人公が3日間ほどニューヨークをさすらう物語だったような記憶がある。

 昨日記したとおり、内容が内容なので許可が下りなかったのか、ジョンの曲は一曲も使われておらず。それでも、ビートルズ・ファンからしてみたら絶対悪であるチャップマンの内面を描ききった点は評価されていいと思う。監督のJ・P・シェファーは27歳で、ジョンが亡くなったときは1歳だったという。あの事件を客観的に見ることができる世代だからこそ、作れた映画なのかもしれない。

 さて3日間ジョンの住むダコタハウスに張り込むチャップマン。そこで出会ったリンジー・ローハンふんするジョンのファンの女の子と意気投合して、『ダブル・ファンタジー』の裏ジャケの写真になっている、ジョンとヨーコの立ち位置に一緒に並んで立ってみたりする。感慨に浸りすぎているチャップマンの姿が、これまたサイコな感じ。

 ジャケはその『DOUBLE FANTASY』の裏ジャケ。リンジーの友人の女の子が、このアルバムを評して“傑作。欠点がない”などと言っていたが、異論があるのは自分だけではないと思う。

hannahanna 2007/09/09 09:33 その本は辞書みたいに厚かったからFBIのこと、ますますちんぷんかんぷんになったしまって。
7日の作品のほうがより、観てみたい。

gakusgakus 2007/09/09 15:50 両方見ましょう(笑)。

taco.taco. 2007/09/09 23:51 乱暴な言い方ですが、この犯人が1人殺しただけで27年間拘留されてるのは日本の司法ではあり得ないから不思議なんだよね。もちろん全世界を敵に回してるようなもんですが。

gakusgakus 2007/09/10 09:18 他の判例とは比べられない、特例なんでしょうね。未亡人の希望もあるようだし、チャップマンも釈放されたらされたで身に危険が迫りそうだし。

lulululu 2007/10/25 22:39 なんか犯人釈放を阻止してるオノ・ヨーコがこの映画公開も邪魔してるらしい。ん〜、結構これ観たいかも。

gakusgakus 2007/10/26 01:32 コメントありがとうございます。決して犯人に同情した内容ではないけれど、当事者としては客観視できないのでしょうね。映画としてはとても興味深いですよ。