映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-09-18 女のデス・ウィッシュ

gakus2007-09-18

 先週末アメリカで封切られ、日本では11月に公開されるジョディ・フォスターの最新主演作『ブレイブ・ワン』は、女性版『狼よさらば』といえそうなアクション。ジョディの主演で、ニール・ジョーダンが監督しているとなれば、メッセージ性が強いかと思いきやそうでもなく、アクションとドラマがほどよく組み合わさった娯楽作。

 ジョディふんするヒロインはラジオのDJで、チンピラに婚約者を殺されたことから、法で裁けぬ悪の退治に情熱を見出すようになり、絶望から立ち直ってゆく…って、まんま『狼よさらば』のチャールズ・ブロンソンなんだけど、“私こそが正義よ!”と言わんばかりの戦闘スタイルは、70年代アクション・ヒーロー的で、乱暴に言い切ってしまえばスティーブン・セガールのようでもある。そうか、こういうヒロインがやりたいのかと思うと、独善的でズッコケた前作『フライトプラン』も許せそうな気がしてくるから不思議だ。

 選曲もシブいのが多かったけれど、バーでかかっている曲はタイトルは知らないが、いかにも70’s風のブルースロックで好感が持てる。それとDr. JOHNの“GRI GRI'S GUMBO YO YO"も使われていたので、ジャケはこの曲をフィーチャーした1968年のアルバム『GRI GRIS』を載っけておきます。

 とはいえ、ジョディ主演作のイメージを期待してやってきた観客の多くは、ラブシーンで流れるサラ・マクラクランのナンバーに心惹かれちゃうんだろうなあ…。