映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-10-24 繊細過ぎたダメ男

gakus2007-10-24

 出張中。LAではまだ1館でしか上映されていない『CONTROL』を見る。以前からこのブログでも触れているJOY DIVISIONの故イアン・カーティスの伝記映画。デビッド・ボウイにはまっていた高校時代に始まり、みずから命を絶つまでの数年の物語で、夫人のデボラ・カーティスが記したノンフィクションがベースとなっている。そのせいもあるのだろうけれど、漠然とカリスマ性をとらえた作品というよりは、寂しがりやで脆くて危ういイアンのダメっぷり、すなわち人間性がビビッドにとらえられている。デボラと愛人との間で揺れ動き、子供が生まれてもその事実を受け止めきれず、モゾモゾしている成長しきれないイアン。必要以上に神格化することなく、人間的な弱さに視点を置いている点に好感が持てる。

 脆さを露呈する人間性とは裏腹に、JOY DIVISIONの音楽はどんどん進化する。ワルシャワ時代のラフなパンク・スタイルが美しく純化されていく、そんな変遷が見て取れる点でも秀逸。

 主演のサム・ライリーはイアンに本当にソックリ。目力があるというか、存在感がとにかく強烈で、痙攣的ダンスまでよく似ている。また、全編モノクロの彫りの深い映像は監督アントン・コービンのいい仕事。とにかくスタイリッシュで、美しい。音楽的には、“SHE'S LOST CONTROL”のプシュプシュいってるリズムが、スプレー缶で出されていたことは自分的には新たな発見だった。

 1980年5月18日の、あのシーンに重なる“ATMOSPHERE”のシングル・ジャケを載せました。1980年リリース。

 ちなみに、この映画、配給も公開劇場も決定しているので、そう遠くないうちに日本でも観られるはず。


*関連エントリー

http://d.hatena.ne.jp/gakus/20070922


<追記>

『コントロール』の邦題で日本公開。

コントロール デラックス版 [DVD]

コントロール デラックス版 [DVD]

JOY DIVISION (デラックス・エディション) [DVD]

JOY DIVISION (デラックス・エディション) [DVD]

hannahanna 2007/10/28 22:13 おかえりなさい?今日は晴天でよかったね。ジョイ・ディヴィジョン伝記映画観たんだ?エイ・ミーンズ・トゥ・アン・エンドが好きですが流れますか?

gakusgakus 2007/10/29 00:52 台風の中、無事に生還しました。この映画では残念ながら、その曲は聴けません。