映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-10-30 僕の歌は君の歌

gakus2007-10-30

 気づけばもう今週末に公開が迫っていた『once ダブリンの街角で』。男女の出会いと心の通い合いを、誇張のないリアルなタッチで描いた作品で、わざとらしくないぶん余計に心にしみる。

 主人公はダブリンの路上で歌っているストリート・シンガー。東欧移民のシングルマザーと知り合った彼は、彼女のピアノの才能に注目して曲作りを手伝ってもらう。で、その過程で、彼らは理解を深めてゆく。主人公はこの後、夢を追ってロンドンに出かけるつもりで、その前にデモテープを完成させようと、ヒロインや、路上演奏バンドに手伝ってもらいレコーディングに入る。その模様が一応のクライマックスとなるんだけど、音楽の魅力的な響きも手伝い、引き込まれます。

 主人公が歌うほとんどの曲は、演じているグレン・ハンサードのオリジナル曲。このグレン・ハンサードは、アイルランドでは人気のあるTHE FRAMESなるバンドのフロントマンであるらしい。『ザ・コミットメンツ』にはギタリスト役で出演していた。

 主人公が路上で歌う歌は、夜はオリジナル曲、昼はウケのいい有名な曲…設定。で、冒頭、真昼間の通りで歌っているのが、VAN MORRISONの“AND THE HEALING HAS BEGUN”。シングル・ヒットした曲でも何でもないと思っていたが、ヴァン・モリソンはやはりアイルランドでは扱いが違うのかも。かの地の英雄という点では、レコーディングを手伝う路上演奏バンドが“俺たちはTHIN LIZZYの曲しかやらない”と言っているのがおかしかった。

 ジャケはVAN MORRISON、1979年のアルバムで“AND THE HEALING HAS BEGUN”を収めた『INTO THE MUSIC』。

taco.taco. 2007/11/01 15:32 去年ダブリンに行きましたけど、VAN MORRISONがちょうどニューアルバムが出た時だったんでCD店での扱いはやはり大きかったですよ。またTHIN LIZZYも20年前に解散してるというのに扱いは大きかったですね。フィル・ライノットは銅像も建ってますし。ちなみに僕が遭遇したストリート・シンガーはジェフ・バックリィの「Hallelujah」を歌ってました。パブのシンガーはオアシスの「Champagne Supernova」を歌い、サビは店内のみんなで合唱してました。そんな日曜の夕方の過ごし方が出来るなんて羨ましい街だなあって心底思いましたよ。

gakusgakus 2007/11/01 22:37 なら、なおさらこの映画は楽しめるかもしれません。ある意味、街が主役ともいえるので。フィル・リノットの銅像も劇中に出てきて、その前で例のバンドがたむろしていました。しかし、日曜の夕方に馬に毒づいている自分とはエラく違う過ごし方があるもんですなあ(苦笑)。