映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-11-15 エルフのラブ・ソング

gakus2007-11-15

 先週末からアメリカで公開されているクリスマス・ムービー『Fred Claus』が、日本でも12月から『ブラザーサンタ』の邦題で公開されることに。

 主人公は、ヴィンス・ヴォーンふんするデキの悪い、サンタクロースの実兄フレッド。聖人である弟が世界中の人気を集め、すっかりヒネクレてしまった彼は、クリスマス・シーズンで忙しい弟を手伝うために北極に帰るハメになるが、そこで子供たちの楽しみを奪う悪党(ケビン・スペイシー)の陰謀に遭遇し、オモチャ作りにたずさわるエルフたちとともに逆襲する…というお話。ヴィンス・ヴォーンはこのところ大人向けのコメディが続いていたが、これは完全にファミリー・ムービー。サンタ役にはポール・ジアマッティがふんしている。

 全編にフィーチャーされるのはクリスマス・ソングがメインだが、お父さん世代が喜びそうなところでは、ROLLINIG STONES“BEAST OF BARDEN"が登場。これはヴィンスが、エルフのひとりにダンスを教えるシーンで流れる。このエルフ、サンタのセクシーな秘書(『スパイダーマン』シリーズでも新聞社編集長の秘書を演じていたエリザベス・バンクス)に恋をしているのだが、背が小さいしダンスも踊れない。そこでヴィンスがダンスを教えてやることになる、という寸法。気弱なエルフが精一杯強い男を気取ろうとする、やるせない心情が表れた選曲でした。他に、ラストではBYRDS『YOUNGER THAN YESTERDAY』も聴こえてくる。

 ジャケは1978年リリース、ローリング・ストーンズの国内盤7インチ・シングル『BEAST OF BURDEN』。