映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-11-28 君はTOO SHY

gakus2007-11-28

 ダスティン・ホフマンナタリー・ポートマン主演による『マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋』(2月公開)は、イマジネーションに富んだファンタジー。魔法で数多くのオモチャを生み出してきた玩具店のオーナー(ホフマン)も御歳243歳となって、ついに引退を決意。マネージャーを務めてきた23歳の娘(ポートマン)に店を譲り渡そうと、会計士まで呼んで財務整理をするのだが、このお嬢さんは自分に自信が持てず、尻込みしてしまう。さてさて、長年親しまれてきたオモチャ屋はどうなるか?

 この店には、周囲にうまく心を開けない少年が手伝いに来ていて、カタブツの会計士と心を通わせる、ちょっといいエピソードがある。窓越しに筆談で心を通わせる彼ら。この描写にかぶさるCAT STEVENSの「DON'T BE SHY」が実に、良い使われ方をしている。アコギとピアノの繊細なアレンジにスティーブンスのエモーショナルなボーカルが乗っかった素朴で飾らない曲調がマッチ。ギャグの多い映画なんだけど、このシーンだけは引き締まる。

 ちなみにエンディングはFLAMING LIPSのナンバーで、これもミドルテンポの深みのある曲。サントラにしか収録されてないのかな…。

 ジャケは、1984年リリース、CAT STEVENSkの編集盤『FOOTSTEPS INT HE DARK VOLUME 2』。裏ベスト的な内容ですな。