映画×ロケンロー備忘録




映画とロックを愛するフリーライターの雑記帖。映画におけるロックの使われ方についての雑感を徒然と書いております

*過去に取り上げた作品についてはページ左下の一覧表を参照

メールは

こちら

はてなアンテナに追加→

2007-12-19 そこが知りた…かったんだけど

gakus2007-12-19

 米バニティ・フェア、ヴォーグ誌の表紙撮影で知られる女流写真家アニー・リーボヴィッツの仕事ぶりと人生を描いたドキュメンタリー『アニー・リーボヴィッツ/レンズの向こうの人生』が2月に公開される。

 1970年に二十歳の若さで米ローリング・ストーン誌のカバー・フォトを飾ったリーボヴィッツは、1975年のROLLING STONESの全米ツアーに同行して収めたツアー・ドキュメントで有名になる。'81年には、ジョン・レノンオノ・ヨーコの姿をカメラに収めた(コレ→)。この写真が撮られた数時間後、レノンは凶弾に倒れ、亡き人となる。

 '83年、リーボヴィッツはバニティ・フェア誌に移籍。ローリング・ストーン誌ではロック・アーティストをメインに撮影していたが、以後の被写体はセレブリティ全般に広がった。全米で大論争を呼んだデミ・ムーアの妊婦ヌードも彼女の撮影だ。そんな仕事の一方で、次第に明かされるリーボヴィッツの恋。同性愛者である彼女は最愛の人と過ごした日々を振り返るが、そこには悲しい結末が…。

 ストーンズのミックとキース、パティ・スミスシュワルツェネッガージャック・ニコルソン、ヒラリー・クリントン等がインタビュー・フッテージで登場する上に、キルスティン・ダンストジェイソン・シュワルツマンジョージ・クルーニーキーラ・ナイトレイ等をカメラに収める仕事風景もあるので、サブカル好きにはある種たまらないものがあるだろう。リーボヴィッツを知らなかった人にもわかりやすい作り。

 ただ、個人的にはサラッとしすぎているのが難点で、もう少し深く突っ込んでいれば面白いのに…と思わせるところが多々あった。例えば、ストーンズのツアーに同行して当然のようにヤク中になって帰ってきたとか、ローリング・ストーン誌の先輩記者だったハンター・トンプソンとの交流のおかげで、やっぱりヤク中になったとか、そういう部分がサラリと語られるだけ。バニティ・フェア誌に移籍してセレブと関わるようになってから、リーボヴィッツの性格が変わったという証言も聞かれたが、そこもツッコミが甘い。綺麗ごとだけ並べている感が強いので、映画を一本見た歯応えがない。そこが惜しいなあ…と思ったら、コレは元々米国のTVドキュメンタリーとして制作されたものでありました。

 それにしても最近、海外のTVモノを買ってきて日本でむりやり劇場公開するパターンが多い(特に音楽系ドキュメンタリー)。これって、いかがなものか…。